こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

親孝行

正月以来初めて母を見舞った。

兄から、たまには会いに行ってくれ、と言われたので!

e0127995_1273747.jpg


母が職員とトラブルを起こしたらしい。

それで職員から苦情が出ているという。

「トラブルを起こすと、身内のものが会いに来るのでわざとトラブルを起こしている」と

だから「なるべく会いに来るように」と言われたらしい。

母は脳梗塞で右足と左手が麻痺している。

ほとんど職員の手を借りないと生活できない。

それで、呼び出しのベルをよく押すらしい。

職員が来ないと、文句を言うそうだ。

それに対し職員は「つまらないことでベルを押す」と言うそうだ。

私は母に「人の世話にならなくてはいけないのであまり文句を言ったらいかんよ」と言ってきた。

でも本音は自由気ままに過ごして欲しいと思っている。

今まで、さまざまな人の面倒を見てきたのだから、その資格は十分にある。

……

介護の仕事は本当に大変だと思う。

しかし、それを職業として選んだ以上、プロ意識を持ってもらいたい。

「つまらないことでベルを押す」は肢体不自由な人の気持ちがわかってないと思う。
[PR]
by cocoroshien | 2010-02-22 02:22
<< 春は鉄までが匂った すれ違い >>