こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

心のバリアフリー

環境のバリアフリーも大切だが、心のバリアフリーはもっと大切。

e0127995_0501834.jpg


私たちは、環境のバリアフリーを推し進めるあまり、大切なものを失っている。

それは、心と心のふれあいである。

バリアフリーを整えれば、これで終わりというわけではない。

要は、そこで高齢者や障害者いかに過ごせるかが大切である。

楽しく過ごせなかったら意味がない。

嬉野市は住みよい街づくりを目差している。

その一環として電柱を取り外し、景観を良く見せようとしている。

景観を良くするのもとても大切なこと。

と、同時にそこに住む人達の心の持ちようも大事である。

住みよい街づくりをしたいなら、まずは心のバリアフリーを進めるべきである。
[PR]
by cocoroshien | 2010-02-27 00:46
<< 好調 心のダイエット >>