こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

食糧難

1945年、終戦の年、日本は食糧難に陥っていた。

e0127995_016454.jpg


あれから、65年日本は食あまりのまっただ中にいる。

食べるものはふんだんにあり、グルメ番組が人気を呼んでいる。

食だけでなく、着るものも、住まいも恵まれすぎるほどある。

なのに、だれもがその恩恵を実感していない。

どこかにすきま風を感じて生きている。

統計によると将来に不安を感じている人が65%もいるそうだ。

それが、自殺者の数に反映しているのだろうか。

1945年食べる物もなかったときでさえ、自殺者は1万人もいなかった。

ところがどうだろう、たらふく食べているのに、自殺者は3万人を越えている。

この現象をなんと捉えればいいのだろうか?
[PR]
by cocoroshien | 2010-02-28 23:09
<< 行動の束 ほどほどに >>