こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

科学者ー実践者モデル

科学性と実践性の両立が、臨床心理士に求められる基本姿勢です。

e0127995_20275682.jpg


臨床心理学では「心理学研究者としての科学的な態度」と「臨床心理士としての実践的な態度」が必要です。

日本では「科学」という言葉のもつ無機質な印象が「心」を扱う臨床心理学のイメージに合わないと思われているようです。

臨床心理学では人間の心理的な問題を解決するのを目指し、クライエントの主観や自己を尊重することが実践の基礎となっています。

しかし、主観にこだわることによって、活動そのものが主観的で独りよがりになる危険もあります。

そうならないためには、

問題は何かということを客観的に探り、分析する視点、つまり科学的な態度が必要になってくるのです。

つまり、バランスが大事ということです。
by cocoroshien | 2012-09-20 20:23
<< 得意業 友人たち >>