こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

社会不安障害

働き盛りに増える『社会不安障害』

未治療による経済的損失は年間約1兆5000億円。

e0127995_0135081.jpg


日本の悪い癖だ。

すぐ経済的な損失を金額に換算する。

そんなことはどうでも良いではないか。

金に換算したからといって治るわけではないのだから。

ニート、ひきこもりでも同じ、経済的な損失を換算していた。

日本は金に換算することによって経済的損失を強調するところがある。

困った悪い癖だ。

そろそろ、金から脱皮すればいいのに。

社会不安障害とは「SAD」と呼ばれる疾病です。

「人前で話をする、文字を書く、食事をするといったときに、強い緊張を感じたり、

手足の震え、動悸、吐き気、冷や汗などの身体症状が起こります。

それを避けるために、会社や学校へ行けないなど日常生活に支障をきたすことがあります。」

かつては、性格の問題として片付けられてきたが、最近は病気として捉え、

治療で改善しようという動きが広がっているそうです。

働き盛りの方に多いのが特徴で、日本人の13%もの人が該当するそうです。

他の不安障害に、パニック障害、空間恐怖症、外傷後ストレス障害等があります。

ほんまに、今の日本はどうなったのでしょうね。

そしてさらに、どうなるのでしょうね。
[PR]
by cocoroshien | 2009-01-26 00:40
<< 長崎 自画像 >>