こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

カテゴリ:未分類( 1389 )

ネクタイ

もう使うこともないだろう。
と、思いネクタイを整理した。

e0127995_1035519.jpg


全部で13本あった。
その内2本はプレゼントしてもらったもの。

一本は親しくしている高齢者の男性にお下がりを貰った。
もう一本はカウンセリング仲間の女性に。

箪笥にしまいながら、ほんの少し感慨にふけった。
「そのネクタイ良いですね」と言われたこともあった。

ネクタイを褒めれたのに、自分が褒められたみたいに嬉しかった。
まるで、ネクタイと同化しているみたいで。

今日で退職して7日目。
色々役をしているので寂しさはない。

ゆっくり、仏教書でも読めると思っていたがそんな時間はまだない
。時間は、アッと言う間に過ぎていく。

人に会わないと煩わしさから解放される。
しかし、人に会わないと物足りなさを感じる。

人は 人によって傷つき 人によって癒される

その中間に立って、ユラユラ揺れている。
揺れ過ぎて倒れないように気をつけようと思う。

ネクタイよサヨウナラ!
[PR]
by cocoroshien | 2015-04-07 11:00

退職

昨日4年間お世話になったハローワークを退職し、一応、49年間の職業人生に幕を下ろした。

知人から、退職祝いに、胡蝶蘭が届いた。

e0127995_103819.jpg


最後の一年間の戦績

紹介件数:1238件
就職件数:368件
就職率 :2割9分7里

3月の採否結果が全部出ていないので分かりませんが、多分3割には達していると思います。

一応、一人前の3割バッターとして最後を締めることができました。

職業人生の出発は佐世保駅でした。
今でも、その時の佐世保駅のホームの情景が残っています。

急行『西海』で夕方6時に出発し、東京に着いたのは翌日の夜8時頃でした。

以来、49年間、15回転職し、15回転居をしました。
49年間色々なことがありましたが、総じて楽しい49年間でした。

最後の通勤途上桜の花を見ながら少々感傷的になりました。

桜の花が何故この時期に満開になるのかようやく分かりました。
退職する人の寂しい心を紛らわしていたのですね。

どんなに、知識や経験を積んでもその時にならないと分からないことがあります。

私は、今、退職する人の気持ちがようやく分かりました。

さて、これから、何をするか?

それが、問題だ!!!
[PR]
by cocoroshien | 2015-04-01 10:38

地元のお店

地元の本屋さんに行って大切なことに気づかされた。

e0127995_023122.jpg


ここ数年本はアマゾンのネット通販で購入していた。

先日ちょっとした手違いがあって2000円分本が送られてこなかった。

その代わりにメールでギフト券が送られて来た。

手違いはアマゾン側にあったのでその対応にムッときた。

で、二度とアマゾンから買わないことにした。

送料無料で届けてくれるので便利ではある。

しかし、地元の本屋に行って気づいた。

アマゾンに比べたら不便ではあるが笑顔で迎えてくれる店員さんがいることに。

多少不便でもいい。

多少遅くなってもいい。

遅くなったからといって大したことはない。

スピードと利便性を重視して大切なことを見落としていた。

地元に素敵な店があることを!
[PR]
by cocoroshien | 2014-08-16 00:24

一人でリトリート

今日は絶好のリトリート日和。

薄曇り、小雨、風、休日、邪魔者なし。

おまけに、金もなし。

こんな日はリトリートに限る。

e0127995_1285230.jpg


先ずはコーヒーを一杯飲む。

音楽は何にしようか?

趣向を変えてENYAにする。

日曜の昼下がりにはぴったりだ。

フッと、寝る前に聴いていると言ったIさんを思い出した。

どうしているかな?

先ずは15分間座る。

何も意識せずに。

と、言ったものの最初の10分間は意識はバラバラ。

しかし、濁った水が澄んでいくように落ち着いてくる。

歓声やら掛け声が聞こる。

車の走り去る音がする。

クマ蝉の鳴き声がする。

そして、ENYAの歌声。

音に意識が揺れている。

同窓会の返事がこないな、と思っていたらタイマー音が鳴った。

ワンセッション終わり。

次は30分のマインドフルネス。

ENYAは止めた。

息を吸っていることに集中する。

息を吐いていることに集中する。

集中するのは難しい。

電子が飛び回るように、意識も飛び回る。

飛び回りだしたら、意識を息をしていることに戻す。

すると、原子の塊になる。

でも、電子をおとなしくさせておくのは難しい。

息という漢字を分解すると、自と心に分解できる。

つまり、自分の心である。

なるほど、息をつめると苦しいのは、

自分の心を閉じ込めるからなんだ。

また、息をすることは、息子を出し入れすること。

と、下らないことを考えていたらタイマー音が鳴った。

今日のセッション終了。

『用語の説明』

リトリート:瞑想合宿

マインドフルネス:気づき

疲れている方は座ってみてください。

安らぎを得ることができます。
[PR]
by cocoroshien | 2014-08-10 12:09

無縁仏

毎年お盆前になると墓様の掃除がある。

今日も小雨の中朝6時から掃除をしてきた。

先ず、草刈り機で墓様の周りの草払いから始まる。
e0127995_11174810.jpg


墓場全体の草払いが終わってから個々の墓様を掃除する。

墓場があるのも珍しいが、地区総出で墓様を掃除するのも珍しい。

この地区に引っ越してきて27年になる。

その間、毎年単調に繰り返されてきた風習。

墓参りに行ったとき、風情があるなあと感慨にふける時がある。

しかし、無縁仏が増えているのは気になる。

此処にも、少子高齢化の波がヒタヒタと押し寄せている。
[PR]
by cocoroshien | 2014-08-10 11:17

友人が亡くなり、
義母さんが亡くなり、
母が亡くなり、
お寺にいく機会が増えた。

e0127995_18301067.jpg


久しぶりにお寺に行ったら部落の仏教壮年会の会長に会った。
「丁度よかった、来年の会長をしてくれんね」と言われたので、
部落だけならいいだろうとひきうけた。

しばらくして、各部落の会長が集まって檀家の総会があった。
ここでも「会長をしてくれんね」と言われたので、
檀家だけならいいだろうとひきうけた。

またしばらくして、各檀家の会長が集まって地区の総会があった。
ここでも「会長をしてくれんね」と3回も言われたので、
仕方なくひきうけた。

会長がどんなことをするのかも分からないでひきうけるなんて、
ひきうける方もひきうける方だが、
押し付ける方も押し付ける方である。

まあ、誰がなってもいいのだろう。
誰がなってもこなせるだけの役職なのだろう。
要するに、組織が形骸化しているのだろう。

新会員が会長になるなんて他の組織では考えられないことである。
組織としての機能も失っているのではないだろうか。
ひきうけなければよかった、と思っても後の祭り。

これも『機縁』と思い、ほどほどに頑張ってみようと思う。
[PR]
by cocoroshien | 2014-03-26 19:09

それでも人生

彼女に最後に会ったのは病院の廊下。

白くて細い腕に絡まった透明のチューブ。

痛々しくて面会に来たのを後悔した。

e0127995_23502892.jpg


彼女に初めて会ったのは友人が主宰するワークショップ。

主人や子供さんのことで話を聞いた。

アルコール依存症のご主人のこと。

引きこもりと不登校の二人の子供のこと。

カフェで壮絶な人生を淡々と話された。

主人のことはどうでもいい。

問題は子供たちのこと。

どうにか自立してほしい。

子供がアルバイトを始めた、と嬉しそうだった。

そんな矢先、癌で入院しました、と。

人生は理不尽!!!

壮絶な人生に追い打ちをかけなくてもいいのに。

ご主人、子供、そしてご自身。

これでは、安らぐときはない。

少しは背負ってあげたいけど・・・

他人の人生は背負えない。

背負えるだけの力もない。

あるのは両方の耳だけ。

黙って聴くしかない。

・・・・・

見舞ってからどのくらい経っただろう。

安否を気遣っていた矢先。

彼女の訃報を知った。

とめどなく涙が落ちた。

ご主人や子供たちのことが気がかりだったことだろう。

見届けずに逝ったことは無念だったことだろう。

ただ、すべての煩わしさから解き放たれて肩の荷がおり、

真の安らぎをえているかもしれない。

・・・・・

私は、窓から、菜の花を眺めている。

菜の花が咲いている のうのうと生きている。
[PR]
by cocoroshien | 2014-03-12 00:34

山門からの風景(専立寺)

e0127995_23455974.jpg


そもそも仏教は誰のために、何のためにあるのだろうか?

e0127995_23464491.jpg


はっきりしているのは、人間のためだけにあるのではなく、
また、死人を弔うだけにあるのではない。

e0127995_23474850.jpg


森羅万象、生ある人のためにある。

e0127995_2349201.jpg


しかるに今は、葬式のためだけにあるような風潮である。

e0127995_2352525.jpg


もっと、生ある人のために役に立たなくてはいけない。

e0127995_23535964.jpg


山門から眺めているだけでは意味がない。
親鸞のように山から下りて、語る必要がある。
[PR]
by cocoroshien | 2014-02-23 23:54

荷物

盲目の友人より本が届いた。

e0127995_0321656.jpg


こころ待ちにしていた。

e0127995_0224061.jpg


道元の『正法眼蔵』関する本32冊。

e0127995_020224.jpg


目が見えなくなって、必要なくなった、とメールにあった。

e0127995_0192139.jpg


これだけあれば、当分本は買わなくていい。

e0127995_0183194.jpg


代りに落語のCDでも送ります、とメールした。
[PR]
by cocoroshien | 2014-02-23 00:38

40年周期

作家の半藤一利さんの説によると、日本は40年かけて創り上げたものを40年かけて滅ぼしているらしい。

今は、40年かけて創り上げた経済繁栄を泡のごとくはじけ飛ばし、滅ぼし始めて10数年が経とうとしているとのこと。

e0127995_2333748.jpg


繁栄と滅亡は景気の波のようなもの。

歴史は繰り返す。

人間は、波に翻弄される藻くずのような存在なのか。

そのような存在であることを否定はできない。

しかし、それが人為的にされるのは許せない。

自然なら仕方がないが?
[PR]
by cocoroshien | 2014-01-04 23:45