こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

<   2008年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

あなたへ安心

職場のストレス対処法⑥ 最終回
『一人で悩まず相談を』

e0127995_21591373.jpg


【不安を感じたときは】
①悩みを言葉で整理する。
②カウンセラーに相談を。
③労災病院や行政にも窓口

「最近ちょっとストレスがたまっているかな」と心配になったら、
手軽にできるストレスチェック法がある。
ネット上で質問に答えながら、現在の自分自身の「仕事のストレス要因」
と「ストレス反応」の度合いを知ることができる。

ストレスについて、家族や友人だけでなく、カウンセラーに相談する方法もある。
「自分一人で悩んでいると、どんどん視野が狭くなり、問題解決から遠のいてしまう。
専門家に相談し、悩みを言葉にすることによって、問題点を整理でき、
何を優先して解決したらいいのかが分かってくる」というメリットがある。


会社でのストレスの原因がもっとも多いのは「人間関係の問題」といわれています。
特に、上司や先輩は、パワハラというストレスを与える存在であり、一方心理的な癒しを与える存在でもあり、もっとも身近で大きな影響力を持っています。

人間関係の悩みの大半はコミュニケーションの悪さから発生します。
したがって、上司や先輩がコミュニケーションのスキルを身につける事によって、
ストレスの半分以上が解消されるのではないでしょうか。

これからの社会は、一人で解決できないストレスが多くなっていくと思います。
そんな時、必要なことは回りからのサポートです。
気軽に相談できる人・場所の開設が重要になってくると思います。

こころ支援研究所は、そんな皆さんの要望に応えられるような「心のオアシス」を目指します。
[PR]
by cocoroshien | 2008-03-31 22:46

あなたに安心

職場のストレス対処法⑤
『ブラザー制度で居心地向上』

e0127995_003683.jpg


社員のストレス軽減には居心地のよい職場作りが大切だ。

【社員54人の精密部品メーカー】

「マイスター」は、新しい社員を迎えると、技術面の指導役とは別に、「ブラザー」と呼ばれている世話役をつけている。
世話役は、同じ部署の同性の1年先輩がなるのが原則。
職場で新人に頻繁に声をかけ、食事を一緒にとることも。
「掃除の仕方が分からない」「勤怠届けの出し方を知りたい」といった疑問から、「仕事になじめない」といった悩みにまで応じる。

職人気質の社員が多かったせいか、新入社員が職場になじめず、数ヶ月で退社する例が相次いだ。そこで、「ブラザー制度」を始めた。以来、新入社員の離職は殆どなくなったという。
「新入社員の居場所作りが目的ですが、ブラザー自身の成長にもつながる」そうです。
ブラザーのブラザーである「メンター」、メンターの相談役となる、「リスナー」もいる。
ブラザー同士の会議では指導の悩みを分かちあい、会議の内容は公開される。

【社員150人のソフト開発研究所】

全社員に年に1回はカウンセリングを体験してもらう。
産業カウンセラーと契約したが、「待っていては相談に来ないだろう」と、全員カウンセリングを思いついた。
「お試しカウンセリング」と呼んで抵抗感を薄め、気軽に受けられるようにした。
カウンセラーによると、「定期的に面談するので、うつ病の早期発見につながる。うつの手前で来る人も増えた」と見ている。

職場環境作りはとても大切である。
環境つくりに、カウンセリングや相談を利用されているのを聞き勇気付けられた。
なぜなら、私が今までメンタルヘルスを進めて回った会社で、カウンセリングを取り入れているところは皆無だったからである。

メンタルヘルスの対策を進めるに当たって、カウンセリングの需要はますます高まると思う。
[PR]
by cocoroshien | 2008-03-29 00:46

あなたが安心

職場のストレス対処法④
『上司自身もケア必要』

e0127995_0151240.jpg


働く人たちのストレスを高めていると、やり玉にあげられることの多い上司たち。
どんな風に部下と接したらストレスをやわらげられるのか?

①用件だけで終わらせず、気遣いの言葉を加える
コピーを頼むときは「コピーお願い」だけでなく、「忙しいところ悪いけど、11時からの会議で使うので」とか。部下が外回りから帰ってきたときは「お帰り」だけではなく「順調にいった?」と聞く。

②普段から、話しやすく
普段から上記のような会話をしていれば、部下がいざというときに相談しやすくなる。

③相談を受けたら聞き役に
部下の話したことを自分の体験や言葉に置き換えるよう助言する。
例えば、「あなたの悩みはそういうことかな?」と確認する。

【心の不調を告げる部下のサイン】
①無断欠勤、病気休暇が多い
②月曜(休日明け)の欠勤、遅刻が多い。
③仕事のミスや顧客からの苦情が多い。
④仕事をするのに今までより時間がかかる。
⑤元気がない、口数が少なくなった。
⑥衣服が乱れたり、不潔だったりする。

サインに気づいたらどうするか?
「いつもと違うけど、どうした?」と声をかける。
話してくれない場合は、1~2週間観察してもう一度声をかける。
別の人に話しを聞いてもらうよう頼んでみる。
対応に迷った場合は、一人で抱え込まず、産業医や人事・労務担当者に相談してみる。

「せっかく部下に声をかけたのに反応がなかった。ケアしてもらいたいのはこっちのほうだ」
最近、こんな上司自身のストレスが強くなっているので注意する必要がある。
[PR]
by cocoroshien | 2008-03-28 00:48

あなたも安心

職場のストレス対処法③
『思考パターンを替えよう』

e0127995_21141393.jpg


過剰なストレスを軽減するにはどうすればいいのか?

【認知の歪みをなおす】
つまりものの見方の癖を修正することである。
「仕事が出来ないことにも、5%はプラスの部分があるはずで、そこに目を向けるのです」
例えば、新しい仕事を任されたが、何をどうしたらいいか分からないとしよう。
下記のような順序で直面する客観的状況を紙に書き出す。

困った状況・・・・・・・・・・・新しい仕事を任されたが、分からない
そのときの気分は?・・・・無力感、みじめ
浮かんだ考え・・・・・・・・・仕事も出来ず、社会人失格だ
なぜ、そう思う?・・・・・・・実際に仕事が停滞している
プラスの面は・・・・・・・・・・少し慣れてきた面もある

「たった一つの出来事で、すべてがダメだと思ってしまう」
「物事を白か黒か、両極端に考える」といった思考パターンを変えるためだ。

【相談できる相手を持つ】
会社の内や外に「広く薄く相談できる相手を持つ」ことである。
また、「学生時代、サークルでトラブルがあったとき、こう解決したなと昔の成功体験に気づくこと」も有効である。

【心身をリラックスさせる】 
筋弛緩法
①座ったまま握りこぶしを作り、胸の前で交差させる。
②手の先から足の先まで思いっきり力をいれ、目も力を入れてつぶる。
③そのままの状態を5~10秒維持
④一気に力を抜く。
これを数回繰り返す。
「体がリラックスすれば、心もリラックスする。大切な会議の前にやると気持ちが落ち着く。

リラクゼーションや自律訓練法などのエッセンス盛り込んだ約5分間の「心の体操」
複式呼吸でリラックスができ、気持ちの切り替えができる

【ONとOFの切り替え】
趣味を持つこと、休日に社外の人に会うこと。
趣味は一人ででき、没頭できて一心不乱になれるのがいい。
肉体を使って右脳をうまく稼動できるのが理想である。例えば書道や絵手紙。
[PR]
by cocoroshien | 2008-03-25 22:07

あなたは安心

職場のストレス対処法②
『サポート態勢の有無も影響』

e0127995_2132126.jpg


ストレスは、ストレス要因、個人要因、サポート要因の3つにわけて考えるのがいいらしい。
緊張を強いられたり「いやだな」と感じさせられたりするストレスの要因が同じ強さであっても、それへの対処が上手いか下手かという個人の要因、悩んでいる人を支える環境があるかないかというサポート要因によって、「ストレス反応」としての心身の不調の現れ方が違う。

【個人要因】
自分を責めたり物事に敏感だったりする傾向が強い人ほど、職場のストレスを感じやすい傾向があるという。IT企業2千人の調査では、20代のストレス度がもっとも高く、年代があがるにしたがって低下し、睡眠時間が5時間未満、運動時間が週1時間未満だと高まる傾向があった。

【サポート要因】
「職場での助け合いが減っている」企業ほど、心の病を持つ社員が増えていた。
平日の家族団らんが週に1時間未満だとストレス度が高い。

【ストレス要因】
2002年の厚生労働省の労働者健康状況調査
「職場の人間関係」が35%でもっとも多く、「仕事の量」32%「仕事の質」30%と続く。
最近は合併によって異なった社風の人と一緒になったことで、ストレスを訴える会社員が
増えているという。
「異動・転勤のほか転職で、新しい会社や部署になじめないケースが目立つ」

ストレスは悪い面ばかりではない。
「ストレスが少なすぎると、物事を改善しようという意欲が湧かない。よい仕事をするためにはある程度のストレスが必要なのである」

3つの要因の中では「サポート要因」がもっとも重要である。
自らの健康増進のためにはセルフケア(労働者が自ら行うストレスへの気づきと対処)が基本である。しかし、自らの力だけで取り除くことができないストレス要因が数多く存在している。
個人の力だけでは限界があり、周りの人の助けが必要である。
そのためにはコミュニケーションの向上をはかり、人間関係を良くしていくことで、職場での助け合いに繋がっていくのではないだろうか!
[PR]
by cocoroshien | 2008-03-24 23:17

あなたの安心

朝日新聞の生活欄に職場のストレス対処法が6回にわたり連載された。
とても分かりやすく参考になったので、私も6回に渡り連載したいと思う。

e0127995_20104.jpg


職場のストレス対処法①
『悪いこと、すべて私のせい』と思えた

【金融機関に勤める20代の男性】

「店のシャッターの開け閉めまで、すべての言動を上司に見られているようで、いつもビクビクしていました」
入社した春、やる気満々で肩に力が入っていた。些細なミスも「自分の評価に影響する」と気になった。ただ一人、気軽に質問できる先輩が転勤した。以来、夜、何度も目が覚め。朝起きられない。食欲がない。などなど心身の不調が自分でも分かるようになった。それでも、朝食、昼食抜きで夜の10時まではたらいた。秋に営業部門のリーダーに抜擢されると、不調はピークに達した。ある日会社で倒れた。ストレスによるうつ状態と診断された。
「知らず知らず、ストレスが積み重なったいたのでしょう」

【30代の女性会社員】

昇進を機にうつ状態になった。小売り店舗の主任から、本社で複数の店舗を束ねる立場に変わった。メーカーからの仕入れも担当した。一番悩んだのは関連会社の社員との人間関係だった。いつも苦情を言われた。追い討ちをかけたのは上司の一言だった。人事を巡るトラブルを「お前のせいだ」と責められた。以来「会社で起きた悪いことは、すべて私のせいだ」と思うようになっていった。


人間関係、仕事上の摩擦、長時間労働、成果主義など等。
職場にはさまざまなストレスが溢れている。
2002年の厚生労働省の調査によると、職場で強いストレスを感じる労働者の割合は62%に達している。

春は、新たに社会に出たり、異動の季節。
ストレスがたまりやすい時期である。

人間生きている以上ストレスから逃れられない。
「悪いこと、すべては私のせい」と思う前に、ストレスにうまく対処しよう。

ある会社では、社員のストレス軽減法として、自立訓練法やヨガを組み合わせた「心の体操」を
実践しているらしい。

先ずは、心に『目をむける』事が大切だ!
[PR]
by cocoroshien | 2008-03-23 21:51

K君

拝啓
 K君お元気ですか。
早いもので君がいなくなってから9日になります。

e0127995_1425171.jpg


何故いなくなったのか、そんなことはどうでもいい。
君が元気でいてくれればいいのです。

春が近いとはいえ夜はまだまだ冷え込みます。
どうしているだろうか、と案じています。

案じたところでどうにもならないのに!

20代の頃だったと思う。
どうしようもないときがあった。

今なら「軽うつ症」と診断されたかもしれない。
それほど落込んだときがあった。

無断で、会社を4日間も休んだ。
何もする気が起こらなかった。

外に出るのも嫌だった。
アパートの中で悶々として過ごした。

「人間、どうしようもないときがある、どうしようもないときに、どうかしろといっても、どうすることもできない」と自分を責めた。

でも、そんなときに救ってくれたのは友達である。
怠惰な私を見ても何も言わなかった。

何か言ってくれるものと期待してのに何も言わなかった。
ただ、「ラーメン」食べに行こうと言った。

黙々とラーメンを食べた。
食べる音だけが沈黙を破った。

アパートに帰っても彼は何も言わなかった。
そして、黙って去っていった。

翌日から、私は会社に出た。
太陽がまぶしかった。

会社の皆が懐かしかった。
暖かく迎えてくれた。

大袈裟かも知れないが、友達に救われた。
あのまま一人でいたら、どうなっていたか分からない。

K君にはそんな友達はいるのだろうか。

K君がいなくなって初めて気がついた。
彼にとって、私は何だったのだろうか、と。

友達のつもりだった。
でも、彼にとっては単なる人だったのかもしれない。

「せめて私に一言」何故言えなかったのだろう。
それを思うと、自分が情けなくなってくる。

自分は、何だったのだろうかと!
そしてこれからも、何になれば良いのか、と。
[PR]
by cocoroshien | 2008-03-23 02:33

卒業式(嬉野市塩田小学校)

8年振りに小学校の卒業式に出席した。
保護者としてではなく、招待客として。

e0127995_0331424.jpg


学事報告を見て驚いたのは卒業児童数である。
子供が少なくなっているのは感じていたが、こんなに少ないとは思ってなかった。

一昨年が40名、去年が35名、そして今年が27名である。
因みに一番多かった年は昭和35年の141名である。
昭和23年生まれの団塊の世代である。
おおよそ今年の約5倍になる。

我々(昭和26年)が卒業したときは200人ほどいた。
証書を受け取るだけでも1時間以上かかった。
それも、次々に名前を呼ばれて、ところてん方式に出て行ってだ!
感慨にふける暇もなかった。

その点現在は人数が少ないから、きめ細かな演出ができる。
一人一人校長先生から名前を読み上げてもらって受け取ることができる。
送辞でも、一人一人の名前が、在校生によって読み上げられる。
例えば「時任幸作さんあなたは泳ぎがとても上手でした」とか
「時任恵さんあなたは後輩にとても優しかったです」などなど。

在校生に名前まで呼ばれて称えられたら、ウルウルこない奴はいないだろう。
女の子は、殆どが涙を流していた。

人数が少ないのは賑やかさはないが、とてもいいことである。
何故ならきめの細かい演出、指導、しいては教育ができるからである。

久しぶりに見た卒業式で色々考えさせられた。
でも、最後に大きな疑問が残った。

きめの細かい教育ができるのに、何故色々な問題が起きるのだろう、と!
[PR]
by cocoroshien | 2008-03-21 01:23

男から女へ

ある企業にメンタルヘルスを進めに行った時のこと。
「吉田さん、メンタルヘルスはいいけん、人を連れてきてよ」と言われました。

e0127995_1857455.jpg


特に地方の中小企業は人手不足は相当深刻である。
年々少なくなっていく人材は都市に流れていく。

マスコミは「日本は労働力の減少に伴って経済力が落ち、世界の表舞台から転げ落ちていく……」と悲観論であおる。悲観論の立場をとっていない人も、「今の地位を確保することが可能」といった現状維持派が多い。

しかし、本当なのでしょうか?
労働力が減少していくことは、日本にとってマイナスどころか大きなチャンスになるような気がする。労働力の減少に伴い、日本人の男性が中心だった職場に女性やシニア、更に外国人が増えていくだろう、それに伴い雇用形態も多様化していくことは間違いない。

労働力が不足していけば当然の帰結として、女性、シニア、外国人を採用することになるわけだが、この3つの選択肢の中で、もっとも潜在能力を持っているのは、間違いなく女性だと思う。

好むと好まざるとに関わらず、日本においては、これから女性の働きやすい会社、能力の発揮できる会社、辞めない会社、辞めても戻れる会社、女性の気持ちがよく分かる会社が優位に立つのではないだろうか。

男女雇用機会均等法が施工されてからおおよそ20年、やっと女性の真の実力が会社の中で発揮されていくのです。それは、労働力不足がその契機となるのです。

企業が建前ではなく本音で女性を採用し始めると、最初のうちはさまざまな摩擦が生じるでしょう。ところがこの摩擦こそ企業が根底から変革していく問題提起になってくるのです。

また、団塊の世代が企業から退出し、女性が増えていくということは I T に弱い人間が減り強い人間が増えていくことを意味していますので、システム化による生産性の向上も相乗的に効果を発揮します。

本格的な女性の進出は、生産性の向上だけではなく、メンタルヘルスにも大きな影響をもたらすものと思います。

「精神を失調し休職する社員が増えているが、どういう対策をとればいいのだろうか?」

『それは女性が働きやすい職場環境を作ることを一つ一つ直実に実践していけば、自ずと解消する問題なのかもしれません』

21世紀は女性の時代、と言われる所以はこんな所にもあるのかもしれない。
[PR]
by cocoroshien | 2008-03-18 21:45

そつぎょう花

画像の花はそつぎょう花と呼んでいた。
正式名は分からない。
名前の由来も分からない。
e0127995_0104186.jpg
花が落ちると青い実をつけた。

実はそつぎょうの実と呼んだ。

実を竹筒に詰めピストンで押し出す要領で飛ばして遊んだ。

中学を卒業して何年か経って名前の由来が分かった。

でも、実際それが本当の名前の由来かどうか分からない。

自分で勝手に納得しただけである。

それは、多分、卒業シーズンに咲くから、「そつぎょう花」と呼ばれたのだ、と。

昨日、久しぶりにそつぎょう花を見た。
お世辞にも梅のように可憐でも桜のように華麗な花でもない。

梅の花や桜の花に比べたら見劣りがする。
しかし、そつぎょう花もえらいときに咲いたものだ。

なにも、日本を代表する花、梅と桜の間に咲かなくてもよかったのに。
時期をずらして咲けば花見の対象になったかもしれないのに。

私はこの花が好きである。
たしかに、可憐さも、華麗さもない。

しかし、この花は、故郷の匂いがする。
この花は心を和ませる。

別れの時にふさわしい花だ!
[PR]
by cocoroshien | 2008-03-18 03:17