こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

西向く士

多分高校のときだったと思う。

11月のことを、西向く士の「士」と教わった。

e0127995_0463595.jpg


士を分解すると十一になる。

11月も今日で終わり。

12月になったからといって特に区切りはないが、

12月と聞いただけで、あわただしくなりそうである。

年賀状やら、お歳暮やら、年末の挨拶回りやら、12月特有のイベントが待っている。

最近時の経つのが異常なくらい早い。

以前は11月といったら経つのが遅かった。

なかなか、12月には到達しなかった。

でも、最近はあっさり12月に到達する。

何事もなかったかのように!
by cocoroshien | 2009-11-30 23:30

仮説

インドの天才数学者ラマヌジャンは毎日3~4個の公式がひらめいたそうだ。

数学者が一生の間に3~4個しか創れない公式を、。

e0127995_11142560.jpg


私もその公式がひらめくときがある。

公式と言ったって数学ではない。

数学の公式は1000年生きたとしても思いつかないだろう。

思いついたのは人間関係に関する公式である。

それは、夫婦関係が円満=人間関係も円満、というもの。

つまり、夫婦関係が円満な人は周りの人間関係も円満ということ。

人間関係の基本は夫婦関係にあるということです。

現在結婚してない人もこの影響を受けています。

この世に生を受けたものは必ず両親がいます。

オギャーと生まれたときすぐそばにいるのは母親です。

ときおり父親が姿を見せます。

このとき、赤ちゃんは人間関係の原型を見ます。

この時見た原型が、この子の人間関係を決定付けるのではないでしょうか。

と、いう公式を我が家に当てはめたらどうなるか?

子どもには、夫婦仲はあまりよく映ってなかったかもしれない。

何故なら、子ども三人とも人間関係をとるのが得手ではないようだから。

……

この公式を自分の子供や両親に当てはめ、自分再考をしてみてはどうだろうか?

きっと、いい人間関係を考えられるかもしれません。

そして、いい人間関係を築いていこう。
by cocoroshien | 2009-11-29 11:03

こんなはずではなかった?

野球をした。

実に、18年ぶりに!

e0127995_173456.jpg


18年ぶりにマウンドに立った。

上からの眺めは悪くはなかった。

何とかいけるだろうと思っていた。

しかし、その安易な考えはすぐに崩れた。

3回投げるのがやっとだった。

全身がガタガタになった。

特に足腰にきて、ストライクが入らなくなった。

3回投げて5点を取られた。

でも最終回に2点差をひっくり返し、逆転した。

逆転のタイムリーを放って面目は保った。

……

今も、身体の節々が痛い。

運動不足を痛感した一日だった。

明日から、今続けているトレーニングをより強化しようと思う。

来年は「こんなはずじゃなかった」といわないように。

こころも大事だけど、やはり身体も大事ですね。
by cocoroshien | 2009-11-28 23:05

変化

大部分の人は変化を好まない。

出来れば、このまま続けばいいと思っている。

e0127995_0434994.jpg


でも、このまま、同じ状態が続くことはない。

世界は諸行無常、万物は常に変化している。

だから同じ状態が永遠に続くことはない。

永遠に続くためには変化についていく柔軟性がなくてはいけない。

変化にも時代の影響があって、小さかったり大きかったりする。

今の時代は、大変化のときだろう。

大変化のときでも、なかなか人間は変わろうとしない。

社会は変化を求めているのに、人間は変わりたくない。

そこに摩擦が生じる。

その摩擦は人間が変化するために必要なものである。

摩擦に立ち向かう勇気のある人だけが変化に対応できる。

摩擦にもいろいろあるが、不況もその内のひとつだろう。

不況は、人間に警告を与えている。

変わるチャンスを与えている。

なかなか、変わろうとしない人々に!
by cocoroshien | 2009-11-27 22:41

生命保険

最近、生命保険に加入していることがアホらしくなってきた。

丁度、身体にガタが来るころに生命保険が切れる。

e0127995_025380.jpg


そして、そのころは年収がガクッと落ちるときと重なる。

払えないので、解約することになる。

もっとも生命保険を必要としている年齢に来たときにかんじんの保険がない。

これから65歳まで7年ある。

65になると保険の期限が切れる。

どうせ切れるなら、保険を解約して他の事に使ったほうがいいような気がする。

例えば、これから必要になってくる、福祉関係の資格を取るとか。

カウンセリングの効果を高めるための研修に参加するとか。

することはいくらでもある。

子どもも大きくなったし、死んでお金を残すより、生きた証を残したほうがよさそうだ。

キャリアアップのために有効にお金を使い、良い仕事をして生きた証を!
by cocoroshien | 2009-11-26 23:20

寝不足

最近寝不足が続いている。

電話相談をするようになって生活が不規則になった。

e0127995_002316.jpg


寝不足で車の運転をしていると意識が朦朧となるときがある。

路側帯にぶつかりそうになったり、中央線をはみ出したりするときがある。

そのときは一瞬ひやりとして目が覚めるが、いっときするとまた眠くなる。

交通事故って、きっとこんな感じのときに起こるのかな~と他人事のように思う。

日本では交通事故は減少の一途をたどっている。

自殺とよく比較されるが、自殺の5分の1である。

ただ、世界では増加の傾向にあるらしい。

開発途上国に車が普及しだしているので、それに比例して増えるようだ。

……

友達のところに行ったら庭の隅に地蔵さんがあった。

珍しかったので一寸撮って来た。

こんな所にず~といれば交通事故に合わないだろうな。

でも、面白くないだろうな~
by cocoroshien | 2009-11-25 23:57

告白(2)

告白なんて書いたけどよくよく考えてみると告白でも何でもなかった。

自分の妻と一緒に寝ることは当たり前のことであって告白に値しない。

他人の奥さんと一緒に寝れば少しは告白に値するだろうが。

e0127995_073739.jpg


ただ、告白と書かねばならないほど妻と一緒に寝てなかったということである。

これからは時間の許す限り、あるいは妻から拒否されない限り一緒に寝たいと思う。

ま~、でも、実にくだらんことを書いてしまった。

削除したいけど、せっかく頭に浮かんだことだからそのままにしておこう。

こんな、くだらんことを考えたということで!
by cocoroshien | 2009-11-24 23:02

告白

実は今、私は妻と一緒に寝ている。

e0127995_1355826.jpg


新婚当時はもちろん一緒に寝ていた。

ところが、子どもが産まれ、子どもと一緒に寝るようになると妻と寝る機会は少なくなった。

子どもが大きくなり家を出て行って、2人になっても一緒に寝ることはなかった。

一緒に寝るどころか、部屋さえ別々になっていた。

そんな私が再び一緒に寝るようになったのは妻の誤解からだった。

誤解が解けたとき一緒に寝るようになった。

本当につまらない誤解だったのだが、妻にとっては一大事だったようだ。

一人で眠れない夜をすごしたようだ。

私は迂闊にもそんなこととは知らず爆睡していた。

そんな妻がとても愛おしく思えた。

罪滅ぼしでもないが、以来一緒に寝るようになった。

一緒に寝るようになって思ったことがある。

それは、パートナーと一緒に寝ることはコミュニケーションの原点だということ。

パートナーと寝て初めて、コミュニケーションについて語れると思った。

一寸、色気のない言い方になったが、とても大事なことだと思う。

果たして、何人の方がパートナーと一緒に寝てることやら。
by cocoroshien | 2009-11-23 23:33

ブックレビュー

ブックレビューを読んでいると実に面白い。

評論家顔負けの批評まである。

e0127995_116120.jpg


人によっては何百というレビューを書いている人もいる。

書いているということは、読んでいることになる。

そんな人の書いたものを読んでいると素人とは思えない。

すごい素人がいるものだと感心しながら読んでいる。

総評論家時代と言った人がいた。

まさにそうだと思う。

知識が豊になって、すべての人が、すべてのことを批評できるようになった。

豊になったのだから、悪いことではない。

しかし、それがすべて良いとはいえない。

知識が豊になった分、感情が貧しくなったのではないだろうか。

ブックレビューを読んでいたら、ブックを超えて人間のことを考えていた。

知識の豊かさが、感性の豊かさになればいいのだが。
by cocoroshien | 2009-11-22 23:12

雑踏の中で

久しぶりに雑踏の中に入った。

フッと思った、私は何を見ながら雑踏をさまよっているのだ、と。

e0127995_14105677.jpg


特に定まってはいないことに気づいた。

結構、いろいろなことに目を移している。

柄にもなくウインドウショッピングもしていた。

買う気はまったくないのに。

それも、女性専用の衣料品店を。

こんな服は娘に合うかも、と想像しながら。

不思議と息子のことは頭に浮かばなかった。

ついでに、奥様も!

あとは、よく顔を見ている。

特に女性の顔を!

たまにドキッとする顔に出会う。

吸い込まれそうになる。

……

と、こんな具合に雑踏の中を歩いている。

ゲシュタルト流に判断するなら、私はきわめて正常である。

地と図が交互に入れ替わる。

関心のあるものと、ないものが交互に入れ替わる。

入れ替わらないと、精神は硬直しこころの病を引き起こす。
by cocoroshien | 2009-11-21 23:04