こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

<   2011年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

プチほおずき

ほおずきと聞いてピンと来る人は少ないのではないだろうか?

e0127995_15372697.jpg


私も記憶の奥底に沈めていたので、引っ張りだすのに手間取った。

ほおずきがナス科の多年草、だというのは初めて知った。

小さい頃は玩具の一種の名前だと思っていた。

地方に伝わる俗語かと思っていました。

ほおずきが正式名だと思っても見ませんでした。

お盆近くになると、青々としていた実は真っ赤に熟してきます。

それを仏壇に供え仏壇に彩りを添えます。

お盆が過ぎると実をもぎ取って“ほおずき”つくりです。

茎がついていた部分に穴を開け、その穴から慎重に中の種を取り出します。

焦って取り出すと殻を破ります。

種を取り出したら、ほおずきの完成です。

それを口に含み、破れないようにくちびるで押さえます。

そのとき、空気の振動で“ブ~”という音が出ます。

ただ、これだけの玩具です。

昔の人はただこれだけのことで楽しんだのでしょうね。

広辞苑によると「子どもが口に入れて吹き鳴らして遊ぶ玩具」とあります。

また「実以外に『うみほおずき』をも含めていう」とあります。

“うみほおずき”となるとますますピンとくる人は少ないでしょう。

言葉は聞いたことがあっても、実物を見た人はかなり少ないのではないでしょうか?

見たこともない人に説明するのは至難の業ですので、今日のところはやめておきます。

何れ、機会を見つけて。

ただ、知ったからといって何の役にも立ちませんが。

……

なぜ、これほど、ほおずきにこだわるのかと言いますと、何十年ぶりにこの言葉を聞いたからです。

博多で豪遊したいけど、どこか知っていますか、と友達に聞いたのがきっかけでした。

紹介されたお店の名前が『プチほおずき』でした。

ほおずきという言葉を聞いただけで親近感が湧きました。

名前を考えられた人の内面までも見えるようでした。

豪遊するには相応しくないようなお店なので、研修会のあとに懇親会をすることにしました。

結局私は、緊急事態が発生して懇親会には行けなかったのですが、

行った人の話によると、とても素敵なところだったそうです。

ほおずきは、「小さくて」「かわいい」のですが人生の縮図が詰まっています。

子どもの玩具から、仏のお供えまでをカバーしています。

人生に疲れたら、ほおずきを訪れて、俗事をブーっと吹き飛ばしたら如何でしょうか?


     ↓プチほおずきのHP↓

      http://homepage2.nifty.com/hozuki/

蛇足ながら、ブログも素敵です。
by cocoroshien | 2011-04-30 15:59

ほおずき

ホオズキ(鬼灯、酸漿)は、ナス科ホオズキ属の多年草。
またはその果実。カガチ、ヌカヅキとも言う。花言葉は偽り。
観賞用や食用として栽培されるが、野生のものもある。

e0127995_15324621.jpg




概要
ホオズキは多年草で、草丈は60~80cm位になる。淡い黄色の花を6-7月ころ咲かせる。この開花時期にあわせて日本各地で「ほおずき市」が開催されている。中でも、7月初旬に開かれる東京浅草寺のものは江戸時代から続いており、60万人にのぼる人出がある有名なものである。花の咲いたあとに六角状の萼(がく)の部分が発達して果実を包み袋状になり、熟すとオレンジ色になる。種蒔き、株分けで増やすことが出来るが、ナス科植物との連作障害が有る。アメリカ原産のセンナリホオズキ(Physalis angulata)が日本で野生化している。

観賞用としてのホオズキは、鉢植えやドライフラワーなどに用いられ、その愛好家も多い。果実は、以前はホオズキ人形や口で音を鳴らすなど子供の遊びにも使われていた。食用や薬用としても知られているが、腹痛や堕胎作用があるために多用は禁物である。

日本の仏教習俗であるお盆では、ガクに包まれたホオズキの果実を、枝付きで精霊棚(盆棚)に飾り、死者の霊を導く提灯に見立てる。

毎年7月9日、7月10日に東京都台東区浅草の浅草寺でほおずき市が催される。

名前 [編集]
一説に、果実を鳴らして遊ぶ子どもたちの頬の様子から「頬突き」と呼ばれるようになったという。 また、「カメムシ(古名:ホウ、ホオ[要出典])がこの植物によく集まって吸汁することから「ホオ好き」と呼ばれるようになった」といった説もあるが、これは一種の民間語源であろう[4]。 なお、ホオズキにしばしば群生するヘリカメムシ科のカメムシは、今日ホオズキカメムシとの和名を与えられている。

漢字では「酸漿」のほか「鬼灯」とも書く。これは中国語で小さな赤い提灯を意味する[要出典]。中国語では酸漿の名のほかに「金灯」「錦灯籠」などとも言い、英語では Chinese lantern plant と呼ばれている。
by cocoroshien | 2011-04-30 11:05

静寂

静寂は至る所にある。

e0127995_23433486.jpg


静寂はどちらかというと好きである。

でもそれは、時と場所によりけり。

嫌だな~と思うところがある。

それは、エレベーターの中。

あの、エレベーターの中だけは息が詰まりそうである。

静まり返った空間は凍りついているような気がする。

動くと、凍りついた空気にヒビが入りそうだ。

息をするのも、唾を飲み込むのも、はばかられる。

だから、ドアが開いたときの開放感は格別である。

凍りついた空気は一気に溶けて、外に流れ出す。

と、同時に凍りついた私の心も一気に溶ける。
by cocoroshien | 2011-04-27 23:44

井戸端会議

井戸端会議は死語になったと思っていた。

e0127995_23455594.jpg


ところがどっこい生きていた。

しかも、かなり威力を持って。

井戸端会議を主催しているのは昔も今も変らない。

それは、万物の霊長の上に位置する“おんな”という生き物。

今日もそんな場面に出くわした。

どんな内容が議題に上がっているのか分からない。

聞けば教えてくれるかも知れないが、怖くて聞けない。

聞きえるわけがない、近づくのさえ怖いのだから。

……

饅頭怖いという落語がある。

一人、一人何が怖いか話していくという話。

ある一人は、アリさんが怖いという。

アリさんが頭と頭をつき合わせているのが怖いと。

なぜなら、自分の悪口を言っているような気がするから。

……

井戸端会議に近づけないのは、私の悪口を言っているのではないだろうかと思うからである。

女性の職場で、女性に嫌われたら、死んだも同然である。

ストッキングと女性が強くなったと言われたころが懐かしい。
by cocoroshien | 2011-04-27 23:40

瞑想の効用

瞑想は心身にとてもいいらしい。

e0127995_188252.jpg


瞑想は、心の自然をとりもどすこと

瞑想は、自分の良心の声を聞く方法

瞑想は、人をプラス思考に導く

瞑想は、悩みや心配事から救ってくれる

瞑想は、よき助言者を自分の中に持つということ

瞑想は、睡眠よりも深い休息を与える

瞑想は、自然治癒力をたかめる

瞑想は、無限の生命力を心の奥から汲みだす


         瞑想とは、

          「心を洗う」

              こと。



1日30分、悩みや心配事で曇った心を洗濯してあげよう。

すると、あなたの中の何かが変わる……


『やさしい瞑想法』 沢井 淳弘


友人に瞑想を25年間続けている人がいる。

その影響もあってこの本を読んでみた。
by cocoroshien | 2011-04-25 18:08

温泉

通勤途上に温泉を見つけた。

e0127995_23491078.jpg


奥まった所にある山間の温泉といいたいところだが、何処にでもあるようなファミリー向きの温泉。

今まで何回も通ったが素通りしていた。

先日ここで歓迎会をして、帰りに温泉に入ってきた。

帰り際にフロントの美人にすすめられて、回数券を買ってしまった。

12回で5,000円。

いい買い物が出来たと自分を納得させた。

坊ちゃんのように、温泉通いをしたからと言って、冷やかす生徒もいないだろうし。

これから、せいぜい温泉通いをしたいと思う。
by cocoroshien | 2011-04-24 23:49

先を読む

長男を見ていると、私にそっくりだと思う、先を読まないところが。

e0127995_21584826.jpg


家の前にバイク王のトラックが止って息子のバイクを積んでいた。

息子にいうと「バイクを売った」という返事。

去年の秋に博多まで行って新車のバイクを買ってきたときもビックリした。

が、今回はそれ以上にビックリした。

買ってまだ一年も経っていない。

……

4月に地元の消防団に入団した。

入団したばかりなのに、名古屋に行ってプログラミングの勉強をしようかなと言い出した。

そんな希望があるなら、入団なんかするなよと言いたくなった。

……

3月に買ったばかりの車があるのに、手放したいと言い出した。

名古屋に行く資金にしたいようだ。

因みに、息子は2年前は名古屋にいた。

……

これは、ほんの一例に過ぎない。

誰が考えたって、先を読んで行動しているとは思えない。

「もう少し先を読んでから行動しろよ」と言いたい。

が、が、が、15回転職を繰り返した私が言っても説得力はないだろう。

高校まで、とても慎重に行動していた彼。

一体、何が彼を変えたのだろうか。

それとも、元々あったものが何かに抑圧されていたのだろうか?

だとするなら、先を読まないことは、彼にとってベストなのかも知れない。
by cocoroshien | 2011-04-23 22:00

不謹慎

久しぶりに、昔の同僚と飲みに行った。

e0127995_17162588.jpg


居酒屋風すし屋で飲み食いした後、スナックに行った。

駄弁って、笑って、歌って、一切のことを忘れて楽しく過ごした。

ハローワークで面談した団塊の世代のことも、中卒者のことも。

もちろん、震災で苦しんでいる人のことも。

家に帰り部屋にこもり、酔いが醒めてくると、反省した。

やはり、不謹慎だったかな、と。

……

私の中にジキルとハイドがいる。

有頂天になっている自分と、それを見つめている自分と。

どっちが本当の自分かって?

それは多分、見つめている自分だろう。

でも、見つめている自分はいざというときでないと出てこない。

いざというときに出てきて、レッドカードを突きつけるのだ。

「不謹慎だ」と!

見つめている自分は滅多に出てこない。

しかし、自分をコントロールしているものは、見つめている自分だと思う。

見つめている自分は、別の言葉に置き換えると、無意識の自分だ。

つまり、多分、私は、無意識の自分に引きずられている。

私の無意識の中には、不謹慎の卵が無数にあるのかもしれない。

いやいや、あるのかもしれないのではなく、あるのだ。
by cocoroshien | 2011-04-23 17:16

頑張れ中卒者

窓口に中卒者が来ると、俄然応援したくなる。

e0127995_1714126.jpg


あどけない顔を見ると、何とかしてやりたいと思う。

だから面談の後に必ず付け加える。

「就職が決まるまで、見離さないからね」と。

相手がその言葉どう受け止めているのか分からない。

良く考えてみると、気ばかり前面に出した空論に過ぎないかもしれない。

でも、言わずにはおれない。

私も、中卒で東京に就職したから。

……

故郷を離れた日は今でもはっきり覚えている。

色々なテープが舞う中に、船のデッキから母の姿を見たことも。

プラットホームに立っている父の姿が小さくなったことも。

途方もなく長く感じた就職列車の中も。

東京駅について、混雑振りに驚いたことも。

駅前で食べた、とても美味しかったカツ丼の味も。

始めて会った新入社員が大人びていたことも。

……

今の中学生と金の卵といわれた我々とはあまりにも違いすぎる。

もちろん、今の中学生の方が大変である。

有効求人倍率も低いし、高校進学率も高い。

そんな中で、今、中卒者として就職するのは至難のことである。

しかし、あきらめずに就職活動をして欲しい。

就職活動さえ積極的にしていればきっと就職先は見つかると思う。

また、見つけてやるのが我々の仕事だと思う。

頑張れ、中卒者!
by cocoroshien | 2011-04-23 17:14

折れやすい世代

団塊の世代は頑張り屋だが、折れやすい世代かも知れない。

e0127995_17113143.jpg


窓口に来られたときは冷静だった。

しかし、話しを聴いているうちに徐々に興奮してこられた。

「求人票には、年齢不問、補助員、って書いてあった」

面接に行ったら、「若い人で即戦力を望むって言われた」

だったら「求人票に明記しとけばいいのに」

「面接官にあった瞬間そう言われたので、落胆した」

「こんな状態では就職活動する気になれない」

……

……

……

いかにも落ち込んでいる顔をされた。

こんな方には傾聴で頷くしかない。

今まで、一生懸命仕事をしてこられた。

一段落して就職活動を始められた。

その矢先の仕打ちに耐えられなかったのだろう。

わずか1回の面接でも!

……

でも、この就職難に学生達は何十回も屈辱を味わっている。

簡単にはいかない、そんな時代なのだと、頭を切り替えて欲しい。

折れる前に、切り替えて欲しい。
by cocoroshien | 2011-04-23 17:11