こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

<   2011年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

使命

今まで、自分みたいな平凡な人間には使命などないと思っていた。

でも、最近、何か使命があるような気がする。

e0127995_23541489.jpg


使命を持って生きる必要があるのかな、と思うようになってきた。

なぜ、そう思うようになったのか?

それは、多分、多くの色々な人とめぐり合ったからだと思う。

多くの人にめぐり合って、色々な人がいることが実感できた。

その中で、色々問題を抱えていることが分かった。

そこで、こんな人々と関わることが自分の使命ではないだろうかと思うようになってきた。

関わることで関係を深め、少しでも楽に生きる力を共有すること。

縁を広めることが使命のような気がしてきた。
[PR]
by cocoroshien | 2011-06-30 23:54

自己主張

酒の席ことだが「自己主張がない」といわれた。

e0127995_23522211.jpg


なるほど、そう言われてみると自分にはこれといったものがない。

そこで、一寸考えてみた。自分に確たる何かがあるか。

で、得た結論は何もなかった。

強いて言うなら、何もないことが自己主張かも知れない。

つまり、そんなことに「こだわらない」ことが。

今月で還暦を迎える。

これからも、相談業をやって行こうと思っている。

相談にやってきた人の問題を一緒に考えたいと思っている。

こだわるのは、この一点だけである。

この一点だけにこだわって残りの人生を過ごしたいと思っている。
[PR]
by cocoroshien | 2011-06-30 23:52

現象

世の中はただ現象があるだけ。

e0127995_23504026.jpg


と、言い切ったら味気ないかもしれない。

ある一人の初老の男性がいるとする。

彼は、色々な役割を演じている。

同じ行為は見る人によって違う。

家でゴロゴロしているのを、家族はなんと思うだろうか?

息子は、俺はあんな風になりたくない、と思うかもしれない。

娘は、みっともない、と思うかもしれない。

妻は、お疲れ様、ゆっくりおやすみ、と思うかもしれない。

このように見る人によってさまざまである。

だから、関係のある人間にとって、実体よりも現象が大事である。

其処に人がいるのではなく、現象があると見たほうがいいかもしれない。

生理的に受け付けない人がいる。

それは、実体を気にし過ぎるからそうなるのである。

現象が其処にあると思えば、生理的に受け入れることが出来るかもしれない。
[PR]
by cocoroshien | 2011-06-30 23:50

天罰

東京の石原知事が東北大震災を天罰と言って物議をかもした。

その後発言を撤回はしたが、その真意は何処にあったのだろうか。

e0127995_2349324.jpg


日本国に対する天罰?それとも日本人に対する天罰?それとも、政治家に対する天罰?

私は、政治家に対する天罰だと思う。

彼等の体たらくを見ていたら、天罰が下っても仕方がないと思う。

政権交代のことばかりにやつしている彼等を見ていると、

彼等の仕事って何だろうかと思う。

今の状況を見ていると、政権が安定するまで、まともな仕事はできそうもない。

状況を見ていたら、誰だって天罰を下したくなる。

東北の人にとっては大迷惑だろうが!
[PR]
by cocoroshien | 2011-06-30 23:49

男も

男も家事をやるべし。

特に還暦を過ぎたら、尚更やるべし。

e0127995_2002823.jpg


なぜなら、健康で長生きをするために。

最近、積極的に家事をするようにしている。

料理はまだ手をつけてないが、掃除洗濯は極力している。

してみて気づいたのだが、意外と作業が細かくて、面倒くさい。

洗濯物の片付けなど、実に面倒くさい。

投げ出して、山積みにしてほっておきたくなる。

でも、そんなことでもしようものなら家内に怒られるので、渋々片付ける。

片付けてみると意外とスッキリする。

気持ちもユッタリ、ホンワカになる。

こんなことを毎日続けていたら、心身ともに健康になることは間違いない。

平均寿命も女性にぐっと肉迫するのではないだろうか。
[PR]
by cocoroshien | 2011-06-27 20:09

利他のすすめ

「人間の幸せは、

ものやお金ではありません

人間の究極の幸せは次の4つです。」

e0127995_1516651.jpg


人に愛されること、

人にほめられること、

人の役に立つこと、

そして、人から必要とされること。

知的障害者とともにチョークを作り続けて50年ー

「日本で一番大切にしたい会社」の経営者、大山泰弘さんのメッセージです。

……

このメッセージを素直に受け止められる人はどのくらいいるのだろうか。?

これだけ、物とお金に支配されている世の中で。
[PR]
by cocoroshien | 2011-06-26 15:29

久しぶりに男と膝を交えて話しをした。

e0127995_14312675.jpg


彼も今年私と同じく還暦を迎える。

ここに来て、人生って何だと考えるようになったのだそうだ。

このままで、はたしていいのだろうか、と疑問に思ったそうだ。

還暦になると、周りでも色々な変化が起こりだす。

離婚、病気、老い、そして死。

そんな現象を見ていると、身につまされる、と。

還暦近くになると、沸々と湧いてくるのかもしれない。

還暦は丁度節目の年だから。

およそ2時間、彼の想いだけを聞いた。

男は不器用で、柔軟性がない。

竹のようなしなやかさがない。

風に身を任せるような自由奔放さがない。

男にとって還暦は岐路である。

今後の人生が決まる。
[PR]
by cocoroshien | 2011-06-26 15:09

投書

新聞の投書欄に高校生の投書が載っていた。

e0127995_1451848.jpg


「政治がもめている暇はない」

なぜ、与野党は協力しないのでしょうか、という内容だった。

まさにその通りだと思う。

もめている暇はないはずである。

「それなのになぜ?」と疑問に思う。

彼等は、人種が違うのだろうか、同じ人間なのだろうかと、思ったりする。

政治の世界は、世間一般とは違うかもしれない。

しがらみも絡み合っているのだろう。

でも、といいたくなる。

経験も、学識も、地位も、我々より高いはずなのに。

なぜ、普通の考えが出来ないのだろう。

特殊な考えはいらない。

普通の考えがあれば良い。

「被災地を立て直すにはどうすればいいか」

それに向かって協力しさえすればいい。

高校生はそんなことを言いたかったはずだ!

政治家だけではなく、大人に向かって。
[PR]
by cocoroshien | 2011-06-26 14:24

ルンビニー

近くにルンビニ保育園というところがある。

e0127995_14264765.jpg


名前の由来は何だろうと思っていた。

その由来が今日分かった。

ルンビニはブッタ(釈迦)が生まれた場所だった。

そういえば、保育園の脇にお寺があった。

仏教にかかわりのあるお寺なのだろう。

だから、ルンビニとつけたのだろう。

それにしても、ブッタの影響力はすごい。

紀元前5~6世紀に生まれた人なのに、いまだに影響力は衰えていない。

もっとも、その影響力の伝わり方はさまざまだが。
[PR]
by cocoroshien | 2011-06-26 11:29

梅雨の晴れ間

入道雲が出ていたので、梅雨も明けたのかなと思っていたら、すぐにくもって雨が降り出した。

e0127995_10571444.jpg


会議の途中で何回も窓の開閉をした。

雨が止むと窓を開けた。

雨が降ると窓を閉めた。

窓を開けると、涼しい風が部屋の中を駆け抜けていった。

窓を閉めると、温かな空気がどんよりと居座った。

現象が変るだけで人間は慌てふためく。

もっと、どっしりと構えれば良いのにと思いつつ、私も窓の開閉をした。

現象が変る以上に、人間が変っている。

梅雨の晴れ間のように、人間が変っている。
[PR]
by cocoroshien | 2011-06-25 17:42