こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

あらためて、世界の全ての7月

今日で世界の全ての7月も終わり。

窓から爽やかな風が吹き込んでいる。

小さい頃、縁側で戯れながら浴びた風と一緒だ。

何故、7月なのだろう?

そんなことはどうでもいいか。

7月はいつもいろいろなことが起こる。

いろいろなことの中で、一番の出来事は自分が生まれたこと。

生まれなかったら、何事もなかったのに。

今まで、4回入院したが、全て7月だった。

いつも、暑い盛りだ。

で、7月が来ると、多少警戒する。

今年の7月もいろいろあった。

まず、同窓会で15年ぶりに会いたいと思っていた人に会うことができた。

未処理のこころのしこりを解消できたのは良かった。

おかげで、今、それ以上の喜びを得ている。

良いこと尽くめで終わるはずだった。

ところが、最後に不安な事が起こった。

自分では、どうしようもないことが!

……

    鉢の子にすみれたんぽぽこき混ぜて

    三世の仏に奉りてな    良 寛


良いことも、悪いことも、混ぜくり返して、仏様に差し上げるしかないか。

大詰めになって友だちからメールがきた。

「小指の付け根を骨折しました」

えええ~「小指?どうやって?」

……?

e0127995_1156342.jpg

by cocoroshien | 2011-07-31 11:45

S君へ

私は今、とても後悔しています。

この前、会ったときもっと深く係わるべきだった、と。

君が、家で眠れないといったとき。

「そうね」と軽く受け止めて、流しました。

あの時の訴えは、重大なサインだったんだよね。

重大とは、分かったんだけど、其処に触れることにためらいがありました。

今、思うと、やはりあの時、重大なサインにしっかり係わり、なぜ眠れないのか聞くべきでした。

今となっては、遅いのですけど、もし君がこのブログを覗いていたら連絡をください。

しっかり、受け止めることが出来なかった私は、カウンセラー失格です。

e0127995_3493971.jpg

by cocoroshien | 2011-07-30 03:49

カウンセラーの為のカウンセラー

カウンセリングの先進国アメリカではカウンセラーの為のカウンセラーがいるらしい。

e0127995_23555062.jpg


 「ヒルマンは『魂のコード』で「生まれてくる時から人間はある種の必然的な
意味が与えられている。そういうイメージを持ちましょう」と言います。心理
学で重要なのは、その人が何で悩んでいるか原因を発見することではありませ
ん。むしろクライエントは心理学の本を読んで悩み始めることもあります。幼
少期の心の傷に原因を求めるトラウマ理論を知ると、子どものときに両親から
愛されていなかったとか、そのことで悩み始めることがあります。」

 「そうではなく、物語の変容が必要になります。過去の物語を解体して、再構
築していかなくてはならないのです。心理学のさまざまな概念(考え方)その
ものこそが、治療される必要があるとヒルマンは言います。私たちが、当たり
前のように思っているものの見方・考え方をこそ変容させていかなくてはなら
ないのです。」

周りにいるカウンセラーが病んでいるような気がする。

心理学を勉強すれば、悩みを解消できるはずなのに、悩みが深くなっている。

そんな人がカウンセリングをしたらどうなるか?

火を見るより明らかである。

まともなカウンセリングはできないでしょう。

それに、カウンセラーの悩みはますます深まっていくでしょう。

では、どうすればいいのか?

自分自身を知る以外にないと思う。

つまり、自分の欠点や不完全さに気づき、あるがままの自分を受け入れることです。

あるがままの自分を受け入れる事ができてはじめて、

クライアントを受け入れる事ができると思います。

しっかり、自己一致ができ。

カウンセラーを必要としないカウンセラーになりたいものだ。
by cocoroshien | 2011-07-28 23:52

こころの充足感

皆さんはこころの充足感を感じてらっしゃいますか?

感じてらっしゃる人は手を挙げてください。

50人の内僅か5人ですか?

少ないですね!

e0127995_23512393.jpg


そもそも、こころの充足感って、何ですかね?

満たされること?

何が?

欲求や欲望が!

欲望が満たされると充足感を感じるのですか?

ある程度、でも、何か違うような気がする。

たしかに、欲求や欲望が満たされないと充足感は感じないかもしれないですね。

マズローの欲求階層説によると

①生理的欲求
              『生存欲求』
②安全と安定の欲求
           
③所属と愛情の欲求
              『関係欲求』
④尊敬欲求

⑤自己実現欲求   『成長欲求』

と、なっています。

同じところにとどまっていると充足感は得られないかもしれないですね。

①が満たされたら②に、②が満たされたら③にという具合に。

つまり、成長してないと充足感は得られないかもしれない。

ただ単に、目先の欲求や欲望を満たしているだけでは!
by cocoroshien | 2011-07-28 23:49

自殺カウンセリングの基本

自殺のそぶりは「救いを求める叫び」と言われています。

自殺したいほどの気持ちを分かってほしいという訴えなのです。

何れにしろ「自殺したい」という言葉に振り回されないことです。

e0127995_2273534.jpg


① 先ず、訴えを否定せずに受け止め、明るい話題にそらしたり、自殺はいけないことだと

  特定の価値観で説得しないことです。(これはやさしいようで難しいものです、

  なぜなら人間はアドバイスの好きな動物だからです)。


② 重大な喪失体験や強い悲嘆感情など絶望的・否定的な感情をしっかり受け止め、

   じっくり傾聴することです。

   (これも難しいです。人間は聞くことより、話すことが圧倒的に好きだからです)


この2点が基本だと思います。

つまり、しっかり受け止めて聞くことです。『受容→共感』
by cocoroshien | 2011-07-27 23:39

花の喜ぶ

知り合いに、花芸・安達流の師範をしている人がいる。

e0127995_7102362.jpg


供花を長持ちさせるのはどうしたらいいですか、と聞いてみた。

長持ちさせるには薬もあるけど、毎日水を替えて茎を切ってやることね。

そうすれば「花も喜ぶと思うよ」といわれた。

なるほど、そうだったのかと納得した。

人間も花と同じ、喜ぶことをしてあげればいいのだ。

と、妙に自分自身が納得した。
by cocoroshien | 2011-07-26 23:36

死にたい

兄貴から想像も出来ない質問を受けた。

e0127995_2143039.jpg


兄は40年間農業に従事してきた。

ところが、ヒョンなことから、心身障害者の施設で農業の指導をするようになった。

そして、農業の指導を通じ親しくなった通所者から相談を受けるようになった。

先日、その通所者から質問されたそうだ。

「死にたい」と何回思ったか分からない。

もし「死んだら、身元引受人になってもらえますか」と。

66年生きてきてそんなことを言われたのは初めてで、返事に困ったそうだ。

そこで、私に、こんなときはどうすればいいのだろうか、と言ってきた。

一応基本的な対応は教えた。

で、今回、基本的な対応について再考したいと思う。
by cocoroshien | 2011-07-25 21:25

過去

過去を振り返ることは、こころの浄化作用になる。

e0127995_0491033.jpg


同窓会のときに撮った写真を整理して皆に送った。

送るだけではつまらないので、一筆添えた。

現在の写真を見ながら、過去を思い出した。

バレーに一生懸命だった、NさんにO君。

温室に入りびたりだった、T君にF君。

魚釣りに夢中だったY君にM君。

そして、夢中になった人。

他人と過去は変えられないという。

しかし、過去のことを思うと浄化作用が働き、今の自分が変わる。

一人一人にコメントを書き終えたとき、清清しい気持ちになった。
by cocoroshien | 2011-07-24 23:42

Sさん

ブログに載せている草花はほとんど身近にあるものですよ。

e0127995_1412723.jpg


家から歩いて30分以内のところにあるものです。

たまには、Sさんの故郷に行った時にも仕入れてきますけどね。

ともかく、狭い範囲からの寄せ集めです。

今まで、ざっと計算したら、1103枚ブログに載せました。

自然はふところが深いですね。

猫の額みたいなところから、1103枚も収穫できたのですから。

しかも、無尽蔵にあります。

いいな~と思うのは数枚しかありませんけどね。

自然のふところに抱かれて、ボチボチいきます。
by cocoroshien | 2011-07-23 01:35

不死鳥

やはり、義母さんは不死鳥だった!

e0127995_1343315.jpg


この1年間で4回入院されました。

今回の入院が一番長く、やはりだんだんと回復が遅くなっています。

年齢が年齢だけに無理もないかな~と思っています。

退院と夏の暑さが重なって、流石にぐったりしていました。

ところが、ところが、時が経つにつれだんだんと元気になられ。

そろそろ、ゲートに行こうかね、なんてことを言い出しました。

私としては何もいうことはありません。

自然に任せるしかありません。
by cocoroshien | 2011-07-22 23:32