こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

最終日

2008年の9月から3年間、毎日ブログを更新することを決心してから3年がたった。

e0127995_14223100.jpg


毎日は更新できなかったが、毎月30本のブログを残すことは出来た。

過ぎてみれば3年なんてあっという間である。

最後の方は息切れ気味で少し弱気になってしまった。

でも、続けてこれたのは数人の人の温かい声かけがあったからだと思う。

「読んでるよ」と言われるのは、何よりのビタミン剤だった。

一応、最終日を迎えたのだから、1段落したいと思う。

そして、これからは、固執を捨てて、気ままに書きたいと思う。

……

最終日に、義母さんがまた入院した。

多分また復活してくると思うから心配はしていない。

義母さんが長生きをしている秘訣を一つあげるとするなら多分これだと思う。

それは「こだわりをなくすこと」

つまり「固執しない」ことだと思う。

デクノボウと呼ばれてもいいから、「ますます、気ままにいきたい」と思う。
by cocoroshien | 2011-08-31 23:38

短気は損気

昔から言われている言葉。

歴史のふるいにかけられた言葉。

[#IMAGE|e0127995_1371790.jpg|201109/01/95/|mid|1146|

本当に短気は損気である。

これは医学的に証明されていて、短気の人は心臓病にかかりやすいらしい。

もっとも、呑気な人に対してどれだけ多いのかデータはない。

データーはないけど、見ていたら一目瞭然である。

眉間に皺を寄せて怒っている人を見ると、何処から見ても心身に良くない。

それに比べ、呑気な人は心身にとてもよさそうである。

もっとも、あんまり呑気だと認知症になりやすいかもしれない。
by cocoroshien | 2011-08-30 23:24

失敗

仕事に失敗はつき物です。

ところが、このつき物の失敗を許さない風土がこの社会にはあります。

e0127995_22444631.jpg


失敗をすると、えらい剣幕で怒る人がいます。

おそらく料簡の狭い人で、表面しか見えていないのでしょう。

怒ることによって自分の存在を見せ付けているようです。

怒ったところで何も変りません。

前の会社の社長がいつも怒ってばかりいましたけど、

結局、失敗はなくなりませんでした。

むしろ、増えたかもしれません。

失敗はつき物である。

そのくらい、気持ちに余裕があったほうがいいと思います。

そうすれば、もっと暮らしやすい世の中になるのではないでしょうか。
by cocoroshien | 2011-08-29 22:29

恥の文化

西洋が罪の文化で日本は恥の文化といわれることがある。

e0127995_10525.jpg


西洋のことは分らないし、罪の文化がどういったものか分からない。

しかし、日本の恥の文化はなんとなく分かるような気がする。

恥をかくことを極端に嫌い、恥をかかないために慎重になる。

恥をかかないために手を尽くす。

その結果、心身に歪みを生じる場合もある。

それが、色々なこころの病に結びつくと考えるのは早計だろうか?

不登校やひきこもりも、根っこに恥をかきたくないという思いがあるような気がする。
by cocoroshien | 2011-08-28 23:57

相談員として

相談員になるために資格を取り、研修会に参加して研鑽を積んできた。

色々なところに参加してネットワークを築いてきた。

そして、今、私は、結局何をしたいのだろうと考えている。

e0127995_19253343.jpg


得た答えは「自分を元気にする」為ではないだろうか?

と、いうはなはだ利己的な結論に達した。
by cocoroshien | 2011-08-28 19:18

うつ

私の窓口の前に座るなり「うつ病です」と言われた。

通常、うつ病の人は自分の病気を隠すものである。

それを、開口一番、告白されたのは余程つらかったのだろう。

告白せずにはおれなかったのだろう。

告白することによって、救いの手が欲しかったのだろう。

限界に立たされて、どうしようもなくなって、窓口に来られたのだろう。

それは、顔の表情を見たらすぐわかった。

初めから、終わりまで私の顔を正視することはなかった。

しかし、席を立つ前に「どうもありがとう」といわれた。

表情が少し和らいでいた。

私も、ほんの少しホッとした。

e0127995_23592865.jpg

by cocoroshien | 2011-08-26 23:56

実に不可解

人間、いやいや、私は実に不可解な動物だ。

今やるべきことがあり、

それをやることが100パーセント正しいと分かっていても、

中々やろうとしない。

これって、何故だろうね?

自分の事ながら不可解である。

e0127995_22512679.jpg


もう、いい加減にしろって感じ。

それを、自分に言ったところで何にもならない。

分かっていても、どうしようもない。

どうしようもないと分かったときに、何か生まれればいいのだが。
by cocoroshien | 2011-08-25 22:57

帰省

東京にいる頃帰省するのが楽しみだった。

毎年2回、お盆と正月に帰った。

e0127995_2310153.jpg


自宅に帰る前に立寄るところがあった。

それは、小倉にいた従兄弟のところ。

叔父さんや、叔母さんに会うのも楽しかった。

ここで一泊してから田舎に帰った。

田舎での楽しみは、自然と戯れること。

そして、友達や従兄弟たちと遊ぶこと。

年々成長していく従兄弟(従姉妹)に会うのは楽しかった。

子供が段々と、男性や女性に脱皮していく。

その過程は嬉しくもあり、哀しくもあった。

人間関係の原点は従兄弟(従姉妹)たちとの交流にあったといっても過言はない。

いい従兄弟たちに恵まれたお陰で、今でもいい人間関係に恵まれている。
by cocoroshien | 2011-08-24 23:30

無評価

評価しないことは、仏教の大切な教え。

つまり、善悪、美醜、優劣などを評価しないことである。

e0127995_113430.jpg


でも、多分、一般人の私たちにとってこれはかなり難しい。

「評価しない」と言葉に出した瞬間に評価しているからである。

だから、修行をしている人は『不立文字』といって言葉に頼ることをしないのかも知れない。

我々の世界では評価することがすなわち生きている証である。

評価することは比べることである。

私たちは、比べることに喜びを感じている。

物事の判断の材料にしている。

そんな、大切なものから逃れることが出来るのであろうか。

おそらく、否である。

でも、だからこそ、評価することから、瞬時でもいいから逃れる必要があるのかもしれない。

……

まあ、とにかく、黙って座ってみること。

座ることに、評価をしないこと。

それから、始めてみるのもいいかもしれません。
by cocoroshien | 2011-08-23 23:52

失敗

最近凡ミスが多い。

今日も、大切な書類を見失ってしまった。

結局出てきたので事なきを得たが、出てこなかったらクビに値するミスだった。

e0127995_014033.jpg


一連のミスのたな卸しをしたら、共通点があることが分かった。

先ず、仕事を早くしようと焦っていること。

第2は、自分ひとりで何とか片付けようとしていること。

第3は、周りの目を気にしすぎていること。

第4は、寝不足気味。

こんな感じのものが根底にある。

根底にあるものが分かってきたので、其処を直せば何とかなると思う。

まだまだ、自分に伸びシロ、克服できるものがあることが分かった。

伸びシロや克服できるものがあることは、成長できるということ。

これは、多分昨日の瞑想会のお陰だと思う。
by cocoroshien | 2011-08-22 22:08