こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

母さん

子供の時に味わった母さんのイメージが一番残っています。

e0127995_23142876.jpg


2階で目ざめると、下の方からトントンと包丁の音がしました。

下に下りてゆくと、味噌汁の匂いがプンーとします。

毎日、毎日台所で働く母の姿がありました。

当時はガスもなければ、電気炊飯器もありませんでした。

ですから、母の朝一番の仕事は火熾しです。

今なら、スイッチをひねるだけでいいですけど、当時は大変でした。

その時は何とも思わなかったのですけど、今つくづく思います。

家族のためにコツコツとやってきたんだな~と。

今、その母は脳梗塞に倒れ半身不随になっています。

ベットに横たわる母の姿を見ていると虚しくなります。

何の因果でこうなったのだろう。

母に対して何ができるのだろう。

と、同時に今までの苦労に感謝せずにはおれません。
by cocoroshien | 2012-08-29 23:36

妻との会話

「最近、認知症が予想より増えているらしいよ」

妻「それ、昨日聞いたよ」

「その後、なんて言った」

妻「忘れた」

「お互い、限りなく認知症に近づいているね!」

e0127995_2313752.jpg


「我々は間違いなく近づいているよね」

妻「何処に」

「認知症さ」

妻「あなたと一緒にしないでよ」

……

昨日、キャリコンの試験を受けた。

記述式は癪に障るほど単語がでてこなかった。

いよいよ、俺もきたかな~と思った。

のど元まで来るけど、それ以上上がってこない。

ところが、試験が過ぎて2日後に上がってきた。

「ポジティブ・アクション」……

今ごろ浮かんできても、遅いって!

筋肉痛と同じで、年をとると記憶も二日遅れでやってくる。
by cocoroshien | 2012-08-27 23:15

偶然にしては

本を読んだあと読了日を記入している。

記入することに特別の意味はない。

e0127995_22385487.jpg


7月、ある女子高で職業講話を頼まれた。

その資料作りのために藤沢周平の『蝉しぐれ』を読んだ。

2回目である。

7月17日に読み終えた。

最後のページをめくったら、2002年7月17日と書いてあった。

なんと、読了した日が10年前と同じ日だった。

単なる偶然にしては……

少し興奮した。

次の日、知り合いに話したら「すご~い」といって感激してくれた。

少し嬉しかった。

でも、単なる偶然である。

瞑想の師匠に言われたことがある。

「瞑想していると、プチ奇跡がおきる」と。

そういえば、単なる偶然が良くおきる。

「だから、何よ」と言われても、「別に」と答えるしかない。

……

結局、『蝉しぐれ』は資料として使わなかった。

理解できる人がすくないかな、と思って。
by cocoroshien | 2012-08-27 22:54

想定外

認知症が予想を超えて増えているそうです。

e0127995_1292875.jpg


原因は長生きして病院に行く人が増えているからだそうです。

おかしな話です。

病院は病人を治すところなのに、病人を製造しているのです。

笑い話です。

以前に聞いたことがあります。

病室での対話です。

「今日は、 Aさんは来てないですね」

「ええ、今日は具合が悪いそうです」

とても、リアリティーな笑いです。

そういえば、うつ病が増えた原因も病院に気軽に行けるようになったからだそうです。

病院は病人製造所なのかもしれません。

認知症やうつ病にならないよう、なるべく病院に行かないようにしましょう。

その為には、常に脳に刺激を与え覚醒して生活をしましょう。
by cocoroshien | 2012-08-26 01:43

処暑ですが?

まだまだ続きそうです、この暑さ。

残暑というより、夏本番が続いている感じです。

e0127995_0311487.jpg


陽射しは容赦なく降り注ぎます。

流石の雑草も応えているようです。

葉が萎びています。

おそらく日中が続けば枯れるのでしょうが、夜があるので息を吹き返します。

それは、我々人間も同じで日中だけだとくたばっているでしょう。

夜があるから何とか持っているようなものです。

長期の天気予想によると9月まで暑さが残り、10月一気に秋が訪れるとか。

あと1月の辛抱です。
by cocoroshien | 2012-08-24 00:39

人は

成長もしていないし、進歩もしていない。

領土問題をはじめ、横たわる問題を見ているとそう思わざるを得ない。

e0127995_22312679.jpg


問題は結局何の解決もしていないのではないだろうか。

解決したと思っている問題はただ、水面下に沈んでいたに過ぎないのだ。

時が経つとむっくり頭をもたげてくる。

今、揺れている竹島問題を見ているとよく分かる。

結局、歴史的にはどうなのだろうか。

たとえそれが日本の領土であったとしても、相手がそれを認めなかったら争いの火種は残る。

国と国の喧嘩も子供の喧嘩に似ているようなものだ。

「これは俺のものだ」と言い合っているような気がしてならない。

いや、むしろ子供の喧嘩より始末が悪いかもしれない。

仲裁がしにくい分。

人間はあらゆる問題を抱えながら、成長も進歩もなく彷徨ってゆく存在なのかもしれない。
by cocoroshien | 2012-08-22 22:42

ご無沙汰しています。

拝啓

万年娘 さま

最後の書き込みをして頂いてから8ヶ月が過ぎました。

その後お変わりなくお過ごしのこととお察し申し上げます。

e0127995_18182997.jpg


あの、年代物の腕時計はまだ時を刻んでいるのでしょうか。

私はあれ以来腕時計は離せなくなりました。

休日の日でも腕にはめておかないと、腕が寂しいといいます。

徐々に時計が腕に馴染んできました。

義母さんは相変わらず時計好きです。

朝起きてこられるときはすでに腕に時計が巻きついています。

そして、柱時計で時間を確認するのも変っていません。

……

ブログを真面目に更新しなくなってから1年になります。

そろそろ、離陸しようかなと思っています。

これからも、末永く宜しくお願いします。
by cocoroshien | 2012-08-21 18:18

残暑

お盆過ぎて陽射しもいくらか和らいだ感もあるが、依然として厳しい残暑が続いている。

e0127995_1846783.jpg


そんな中義母さんは、トコトコゲートボールに出て行かれた。

「役に立つことは何もなか」「生きる価値もなか」と言いつつ。

涼しい部屋でジッとしていればいいのにと思うのだが。

何が義母さんを突き動かしているのだろうか?

陽射しを浴びながら、杖をついていく後姿を見ていたら、フッと思った。

人を求めて行っているのではないだろうか、と。

家族では物足りない何かを求めて。

人は幾つになっても変らないものがある。

それは、人恋しさである。

人は、幾つになっても、ある意味、恋を求めているのかもしれない。
by cocoroshien | 2012-08-20 19:12