こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

<   2012年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

何を基準に・・・

今度の選挙は何を基準に投票すればいいのだろうか?

e0127995_22492380.jpg


私は消去法で政党を消していこうと思っている。

先ず第一は「景気をよくする」と言っている政党は消去。

第二は「原発の必要性」を言っている政党は消去。

第三は「労働者のことに言及」していない政党は消去。

特に第一の「景気をよくする」と無責任なことを言っている政党には絶対入れない。

もう政治の力で景気を云々することは不可能である。

100歩譲って、可能であったとしてもこれ以上成長したところでどうなるというのだ。

成長した後の青写真を示してほしい。

成長が人間の幸福にどれだけ貢献しているのか示してほしい。

それに、そもそも、永遠に経済成長を続けるなんてありえない。

人間の一生に盛衰があるように、国の成長にも盛衰がある。

人間に波があるように、国にだってある。

今は、波の底に向かっている時である。

それを無理やり「景気を良くします」というのは人気取りだけを考えた言葉である。

景気がよくなり、経済が成長し、物が豊になった経験をした。

しかし、それで幸福になったかというと、そうでもないと感じてる人が多い・

経済の成長が色々な歪を生んだ。

私は、そのことに気づいて、これからの日本を地道に考える党に一票を投じたいと思う。

清き一票を!
[PR]
by cocoroshien | 2012-11-29 23:11

老いては・・・

諺に老いては子に従えとある。

e0127995_22224834.jpg


会社なら、さしずめ『老いては若者に従え』になろうか。

最近、この言葉をしみじみと実感している。

私の会社でのパートナーは30歳の女性。

年齢は私の半分で、「お父さんと一緒」と言われている。

彼女の方が私より先に入っている為先輩である。

仕事も私よりはるかに出来る。

入社仕立ての頃は「負けるものか」と張り合っていた。

仕事が出来ないと文句も言われ、中傷もされた。

その度に「クソー」と思ってやっていた。

結果、一緒に仕事をするのが嫌になったり、会社に行くのがつらい時もあった。

張り合えば、張り合うほど事態は悪くなった。

そこで、フッと気づいたのが冒頭の言葉。

待てよ、張り合うのを止めて従ったらどうなるのだ?

以来、張り合うのを止めて若い人に従うことにした。

すると、仕事をするのが楽になり、会社に行くのが楽しくなった。

良く考えてみると、若い人と張り合うなんてナンセンスである。

体力、知力、どれをとってもかなうものなんて何もない。

経験があるさ、といったところで新しい仕事に経験は通用しない。

今では子羊のように従順になり、彼女に従っている。

すると、彼女の言動も優しくなってきた。

黙っていても、私の仕事をしてくれるし、労わってくれる。

それに対して私は、彼女の苦手なことをしてあげる。

例えば、青竹踏みを作ってあげたり・・・

相談に、彼女の嫌いなタイプの人が来たら替わってあげたり・・・

・・・・・

ともかく 『老いては若者に従え』である。
[PR]
by cocoroshien | 2012-11-28 22:15

嘆くまえに・・・

教育の目的って何だろうか。

色々あるだろうが、自立は間違いなく入っていると思う。

e0127995_2213729.jpg


自立が教育の目的なら、我々大部分の大人は目的を忘れているのではないだろうか。

子供に対して「自立しなさい」と言っておきながら、舌の根乾かぬうちに自立を拒んでいる。

先日も結構地位のある方から息子さんの生活について相談を受けた。

細かいことは省くが、ようするに今のままでは息子が自立しないというのだ。

息子が自立していないから、自立させようと親が必死になっている。

私に言わせれば、親が必死になればなるほど、自立は遠ざかると思う。

どうも、其処の部分が分かっていないような気がする。

自立するとは、自分で飯が喰えるようになることである。

親が、飯を作ってやるようなことをして、自立できるわけがない。

親離れする時期が来たら、先ず何でも一人でさせることである。

「子供が自立できない」と嘆くまえに、先ず親として「自立する」ことである。
[PR]
by cocoroshien | 2012-11-27 22:37

はなはだ・・・

先日、地元の小学校に行って出前トークに参加してきた。

テーマは『ソーシャルスキル・トレーニング』について。

e0127995_21421187.jpg


ソーシャルスキル・トレーニングとは・・・

『良好な人間関係をつくり保つための知識と具体的な技術やコツ』

または『対人関係を営む知識と技術』と定義されている。

そもそも、何故学校でこのスキルが問題になっているのか?

それは、子ども達を取り巻く環境の変化。

つまり、核家族化、少子化、遊びの変化によって、

対人関係の体験学習の不足、ソーシャルスキルの不足しているからである。

その結果、いじめ、問題行動、不登校が生じているという。

したがって、意図的、計画的にソーシャルスキルを育成していくことが重要らしい。

・・・

参加して先ず一番に思ったことは、ついに学校もここまで来たか、ということ。

会社のセミナーでやっていることを、学校にまで下ろしてきた感はゆがめない。

果たして、こんなことをして問題は解決するのだろうか?

はなはだ、疑問である!
[PR]
by cocoroshien | 2012-11-26 21:31

はなはだ・・・

先日、地元の小学校に行って出前トークに参加してきた。

テーマは『ソーシャルスキル・トレーニング』について。

e0127995_21421187.jpg


ソーシャルスキル・トレーニングとは・・・

『良好な人間関係をつくり保つための知識と具体的な技術やコツ』

または『対人関係を営む知識と技術』と定義されている。

そもそも、何故学校でこのスキルが問題になっているのか?

それは、子ども達を取り巻く環境の変化。

つまり、核家族化、少子化、遊びの変化によって、

対人関係の体験学習の不足、ソーシャルスキルの不足しているからである。

その結果、いじめ、問題行動、不登校が生じているという。

したがって、意図的、計画的にソーシャルスキルを育成していくことが重要らしい。

・・・

参加して先ず一番に思ったことは、ついに学校もここまで来たか、ということ。

会社のセミナーでやっていることを、学校にまで下ろしてきた感はゆがめない。

果たして、こんなことをして問題は解決するのだろうか?

はなはだ、疑問である!
[PR]
by cocoroshien | 2012-11-26 21:31

楽しみが・・・

昼までゆっくり本を読んだ。

e0127995_2103338.jpg


昼から、鋸と草刈機とスコップを持って猫の額ほどの山に出かけた。

先ず、慣れない草刈機を使って草を刈った。

山に登る階段が草と土に覆われていたのでスコップで取り除いた。

ここまではそんなに汗をかくこともなくスムーズにいった。

でも、次の穴掘り作業は汗ビッショリかいた。

それだけではなく、息は切れ腰はガクガクになった。

今まで、40年近くやっていないのだから無理もない。

そんな重労働を何故急にやりだしたかって?

それは、蕎麦打ちの師匠の生活を見ていたら羨ましくなったから。

師匠は、柚、胡椒、エゴマ、蕎麦と少しづつ生産し、収穫しては皆に配っている。

それが縁で、75歳にして人脈が広がっている。

年を重ねるごとに狭くなるのが普通だが、広くなっている。

人生を楽しみながら広がっている。

で、私もそれを真似て何かを生産しようと思い山に行ったわけです。

掘った穴には、柚子、カボス、レモン、スダチなどを植えようと目論んでいる。

木を植えるのは、希望を植えるようなもの。

楽しみを先に伸ばすようなものである。

楽しみが、またひとつ増えた。

楽しみが増えると、寿命も増えるような気がする。
[PR]
by cocoroshien | 2012-11-25 21:26

君と・・・

君と将棋を指せなくなって1年になります。

君と差し向かいで話しをしなくなって1年になります。

君と呼子の朝市に行けなくなって1年になります。

e0127995_6261118.jpg


早いものだね、君の弔辞を読み上げてから1年が過ぎようとしている。

どうですか、冥土の旅は、腰の具合は少しはよくなりましたか。

人間関係は良くなりましたか、冥界には煩わしい関係などないのでしょうね。

煩わしい関係はないでしょうが寂しいでしょう。

それが証拠に、最近、君はよく私の枕頭に現れるね。

目が覚めたとき、必ず君がいるのを気配で感じますよ。

姿はみえないけど、すぐ其処にいるのが分かります。

君の気配を感じるたびに、後悔の念がおこります。

何であのとき、何であのとき、何で・・・

あんな酷いことを言ったのだろうか、何で優しい言葉をかけられ・・・

今思うと、焦って社会復帰をする必要などまったくなかった。

もっと、のんびり過ごしたって良かったのにね。

君の一番大切なものを奪った僕に対して君は最後の最後まで僕を気遣ってくれた。

君の最後の言葉「ごめんなさい」にどれだけ救われ、癒されたことか。

最後の言葉を浮世で聞いていたらあんなことにはならなかった。

今となっては後の祭りで、流した涙は元に戻りません。

そして、これから流す涙も!

・・・・・

君が忌み嫌っていた浮世はますます荒れ、難度海(人生)の波は高くなる一方です。

残された人生、大船にはなれないけど、海に漂う丸太になりたいと思う。

一人でもいいから、丸太につかまってくれる人がいたら、一緒に漂うよ。

これだけは断言できる、もう二度と君と同じような目に合わさない、と!

君は忘れているかもしれないが、今日は君の1周忌だよ!

悲しみの時効はいつになるのでしょうね!
[PR]
by cocoroshien | 2012-11-24 07:20

恵まれた国

経済は一流、政治は二流といわれた時があった。

今は、経済は二流で政治は三流かもしれない。

e0127995_234322.jpg


新聞の論調や口うるさい政治家の話を聞いていると、日本は今にも沈没しそうである。

政治家は国民の安心・安全を作るのが商売なのに、不安を煽るなんて最低である。

こんな日本だが、数多ある世界の国々と比べたら、超恵まれていると思う。

これは、ソフトバンクの孫さんや橋下市長がいるからこうなったのではない。

恵まれた自然環境の中で、国民ひとりひとりが、頑張ったお陰である。

でも、全ては無常!

いつ何時、自然は荒れだすか分からない。

心して、かからなければいけない。

恵まれた国としてあり続ける為には。
[PR]
by cocoroshien | 2012-11-23 00:52

ブータン旅行記

と、いっても私が行ったわけではない。

本日のかたろう会(長崎月に一回開催の異業種交流会)の講演のタイトルである。

いつも固い内容の講演が多いのだが、本日のは面白かった。

e0127995_00017.jpg


ご存知、ブータンは幸福度ナンバーワンの国である。

ただし、この基準は国際基準ではない。

幸福の基準なんて創りようがない。

まったく違う地形や文化や気象の中で生活しているのだから。

講演を聞いて感じたままをダダダーと書いてみたい。

国土の大きさは九州ぐらい。

標高は富士山の5合目(2500メートル)ぐらい。

人口は長崎の半分。

仏教国で政治と宗教は分離していない。

夜這いが公認されている。

坊さんがビー玉をして遊んでいる。

魚、牛、豚等の殺生はしない。

ただし、食べるそうです。(インドから輸入して)

建物も創らない(インド人が造る)

最後に、離婚率が高いそうです。

そこで疑問?

離婚率は幸福度に関係ないのだろうか?
[PR]
by cocoroshien | 2012-11-20 23:56

吊し柿

田舎に竹を切りに行ったついでに柿を取ってきた。

e0127995_2224565.jpg


この前取ってきたときは練り柿にしたので今回は干し柿にした。

さっそく皮をむいて軒下に吊るした。

軒下に吊るされた柿は風情があっていい。

友達が娘さんを連れて遊びに来た。

幼稚園に通っている娘さんに、柿を指してこれ何、といったら「柿」と答えた。

さらに「今俳句を習っている」

「柿喰えば 鐘がなるなる 法隆寺」ときた。

開いた口がふさがらなかった。

今どきの、幼稚園児は凄い。

吊し柿の薀蓄をたれたかったのに、幼稚園児に出鼻をくじかれた。
[PR]
by cocoroshien | 2012-11-19 22:24