こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

見捨てられ不安

僕は変わり者である。
『変身』の主人公グレーゴル・ザムザより変わっていると思う。
でも、僕の主人はそのことに気づいていない。
何故なら、主人が生まれたとき、すでに僕はこの世にいたからだ。

僕は見かけによらずクールである。
クールでなければ、世の中を渡っていけないと決断したからだ。
僕ほど出会いと別れを体験している者はいない。
その度にメソメソしていたら、涙がいくらあっても足りない。
僕はクールでなければ生きていけないのだ。

朝から五月雨が道路を叩いていた。
僕は久しぶりに主人と出かけた。
駅の駐車場に着き、駅まで雨にうたれながら主人と歩いた。
いつも主人と一緒に電車に乗るのだが、駅で待っているように言われた。
何故なのか分からなかった。

太陽が真上に来たとき、五月雨は叩くのをやめた。
代わりに光が降り注いできた。
僕は光は嫌いだ、雨の方がずっといい。
だから皆に「お前は変わっている」と言われるのだろう。
でも、たまに光が好きな奴もいる。

そいつは、いつもご婦人と歩いている。
よくあんな口から先に生まれてきた生物と歩けるな~と思う。
僕は骨が砕けたって歩くつもりはない。
何か、シガイセンと言うシロモノからご婦人を守っているらしい。
何時からこんな軟弱な奴が出てきたのか分からない。

ある学者は、西洋から美の概念が入って来てから、と訳の分からないことを言っていた。
くだらん事をあれこれ考えていたら、光は斜めから射していた。

車輪のきしむ音をたてて、電車が滑り込んできた。
ご主人様のお帰りだ。
上下する頭の波の中に、主人の白髪が見えた。
やっと、退屈から開放される、羽根を広げられると喜んだ。

ところが主人は、スマートな僕の存在を無視するかのように通り過ぎって行った。
僕は、「シュジーンカムバック」と叫んだが、まったく耳に入っていないようだった。

光はすっかり闇にかき消された。
闇と共に寂しさが襲ってきた。
三度目だ、主人に放置されたのは。
僕は怒りと悲しみで一杯になった。
“絶望と悲嘆”にくれた。

しかしクールな僕は、事実は事実として受け入れる事にした。
何時までも悲しんではいられない。
気持ちを切り替えて新しい環境に馴染もうとした。
フロイト曰く、このプロセスは《悲哀の仕事》と言うらしい。
でも、そんなことは今の僕にはどうでもいい。

僕たちは忘れ去られる運命にあるのだ。
僕はまだ良いほうかもしれない。
友達は永久に忘れ去られ、駅の霊安室で眠っている。
殆どの者が数回の喪失体験を繰り返した後にだ。
僕だって明日はどうなるか分からない。

束にされ霊安室に放り込まれるかもしれない。
ミニの似合う女子高生の手で、花開いているかもしれない。


僕は名前だって可笑しい…………
[PR]
# by cocoroshien | 2008-02-15 20:41

青春讃歌


青春はいかばかりうるわしき

されどそははかなく過ぎ行く

楽しからんものは楽しめ

明日の日はたしかならず

                ロレンツォ メディチ

とても好きな詩です。

青春時代ばかりでなくいつの時代もかくありたいものです。
[PR]
# by cocoroshien | 2008-02-13 00:00

のど元過ぎれば

久しぶりに散歩に出ました。
寒風が吹いているのに。

以前は良く散歩したものです。
退院後の治療にいいと言われたものですから。

往復1時間の道のりを毎日歩いていました。
川辺の土手の上を一本の道がスーと伸びています。

車はおろか自転車も殆ど通ることのない道です。
行きかう人といったら、年配の人ばかり。

散歩が目的で土手に上がってきた人ばかりです。
何日か通っていると、顔なじみになります。

いつも2匹の子犬を連れていらしゃるご婦人。
足早に私を追い越していくご老人。

仲良く二人で歩いていらっしゃる夫婦らしき人。
数は少ないのですが、その方々に会うのも楽しみの一つでした。

しかし、なんといっても楽しみは自然の移ろいを五感で感じられることです。
今どき、こんな贅沢はないな~、と思いつつ歩いてました。

つい数ヶ月前までは、今の時間帯って仕事していたよな~と思いつつ。
なんか信じられない感じでした。

晴れた風のない日、川面に目をやると魚影が見えます。
何かを狙ったように鳥が飛来します。

1本の足でジッと川中に立っている鳥もいます。
川辺でジッと釣り糸を見てる人がいます。

花の周りを蝶が飛んでいます。
巣の真ん中で、デンと構えている蜘蛛がいます。

自然の中に身を置くと自然と一体になったのを感じます。
自然の一部になった瞬間です。

この瞬間、空想は駿馬のように荒野を駆け巡ります。
五感を使って空想を膨らませます。

五感を使っているときは、知識など無用です。
ただ、アンテナを外に向ければいいのです。

「散歩っていいよな~」
「一石三鳥ぐらいあるよな~」

と、思いつつ歩いていたけど、腰の具合がよくなるにつけ面倒になって来ました。
気がつくと、散歩はすっかりやめていました。

やはり、のど元過ぎると、なんとやらですね!
[PR]
# by cocoroshien | 2008-02-12 22:11

建国記念日

初めてブログを書きます。
実はいつから書こうか考えてました。

昨日、フッと思いつきました。
建国記念日から書こう、と。

建国とは文字通り、新たに国を建てることです。
昔は紀元節と言ったようです。

四大節の一。1872年(明治5年)、神武天皇即位の日を設定して祝日としたもので、2月11日がその日に当たります。第二次大戦後廃止されましたが、1966年「建国記念の日」という名で復活し、翌年より実施されました。

建国記念日からブログを書き始めることに特に深い意味はありません。
ただ、「新たに国を建てる」ほどの意気込みを持って、仕事をしたいと考えています。
その意味で、2月11日は私にとって記念すべき日になります。

工作機械の工具の総合メーカーでサンドビックという会社があります。
先日、何気なくカタログを見ていたら、サンドビックの使命と書いてありました。

特に誇張するでもなく、普通に書かれていることに感銘しました。
「お客様の生産性、収益性を向上するお手伝いをすることが私どもの使命です。」

シンプルなのに、しっかり思いが伝わってきます。
「お手伝い」というのが大企業らしからぬ言葉です。

そこで、私たちの会社の使命は、と考えてみました。
「こころの悩みを解消する、お手伝いをするのが私たちの使命です。」

大企業だろうが、零細企業だろうが、思いは同じです。
それは、お手伝いすることです。
主人公はあくまでお客様です。
この事はしっかり頭に置いて仕事をしたいと思います。

最後になりましたが、少々自分の事を語ります。
私は1951年7月5日生まれの56歳です。

2年前に40年間従事した製造業を辞め、カウンセリングの勉強を始めました。
2007年12月28日、志を同じくする5人のカウンセラーと共にメンタルヘルス対策を通じて中小企業のお手伝いをする為に会社を立ち上げました。

家族は、祖母、妻、娘、息子二人の6人です。
ただし、子供たちは全員外に出ています。

初めてブログなるものを書きました。
いささか肩がこりました。

末永くお付き合いください。
[PR]
# by cocoroshien | 2008-02-11 01:11