こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

長崎原爆の日

9日は長崎に原爆が投下された日。

それから6日後に太平洋戦争は終戦になった。

e0127995_275920.jpg


原爆がとどめをさしたのだろう。

原爆について語るすべは何もない。

あの悲惨さは、体験した人でないと語れないだろう。

また、語ったとしても意味をなさない。

私は、ただ頭をたれ、耳を傾けるだけだ。

今日、『最後の赤紙配達人』というドラマを見た。

ドラマの途中に体験者の映像が挿入されていた。

淡々と話される体験者の表情に感動した。

感動的に話されるのではなく、淡々と!

淡々と、が余計にこころに響く。

真の体験者はこうなのだろう。

かえって、未熟な体験者ほど大袈裟に語りたがる。

驚いたのは、主人公の配達人が今も健在であること。

現在、104歳だとか。

「お元気ですね」とアナウンサーが言ったら。

間髪をいれず「ありがとう」といわれた。

その言葉の、爽やかで、明るかったこと。

戦時中、艱難辛苦の中を生き延びてこられた方とは思えなかった。

……

今年、被爆者の叔父がなくなった。

叔父も、被爆者の悲惨な体験を深刻に語らなかった。

爽やかに、語った。

そうでも、語らなければ、生きていけないのだろう。

……

私たちは、頭をたれ、耳を傾けた。

それを、未来に語りかける必要がある。

淡々、と!
[PR]
by cocoroshien | 2009-08-10 22:03
<< 自分の言葉 指先の感触 >>