こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

リビエールの夏の祭り

佐賀市民劇場に入会して2ヶ月になる。

今日は2回目の観劇だった。

e0127995_15154174.jpg


新たに気づいた、言葉は沈黙によってより一層輝いている、と。

今日の演劇は言葉よりも、沈黙が多くを語っていた。

観てない人にいっても分からないが、ラストの沈黙は今後の人生を考えさせられた。

言葉が発せられているときは何も考える余裕はない。

しかし、言葉が途切れた瞬間思考は動き出す。

思考が動き出すと、まさに荒れ野を駆け巡る。

とどまる事を知らない。

ピカートの言葉を思い出した。

「もしも言葉に沈黙の背景がなければ、言葉は深さを失ってしまうであろう」

まさにその通りだと思う。

日本人は元来沈黙が好きな民族だと思う。

狂言、能、相撲、弓道、柔道、茶道、華道、落語、漫才、和服、などなど!

随所に沈黙のよさが隠されている。

和服姿の女性も沈黙が似合う。

寡黙という言葉はとても男性的だと思う。

しかし、反面、負の部分もある。

あくまでも推測だが、うつ病はこの沈黙が大いに影響しているのではないだろうか。

……

リビエールの夏の祭りとともに、私の夏も終わった!

あとは、深い沈黙の秋を楽しむとするか。

あ、そうそう、大事なことを忘れるところだった。

観劇は、妻と行きました。
[PR]
by cocoroshien | 2009-09-20 23:07
<< いくつになっても 湯船 >>