こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

不謹慎

久しぶりに、昔の同僚と飲みに行った。

e0127995_17162588.jpg


居酒屋風すし屋で飲み食いした後、スナックに行った。

駄弁って、笑って、歌って、一切のことを忘れて楽しく過ごした。

ハローワークで面談した団塊の世代のことも、中卒者のことも。

もちろん、震災で苦しんでいる人のことも。

家に帰り部屋にこもり、酔いが醒めてくると、反省した。

やはり、不謹慎だったかな、と。

……

私の中にジキルとハイドがいる。

有頂天になっている自分と、それを見つめている自分と。

どっちが本当の自分かって?

それは多分、見つめている自分だろう。

でも、見つめている自分はいざというときでないと出てこない。

いざというときに出てきて、レッドカードを突きつけるのだ。

「不謹慎だ」と!

見つめている自分は滅多に出てこない。

しかし、自分をコントロールしているものは、見つめている自分だと思う。

見つめている自分は、別の言葉に置き換えると、無意識の自分だ。

つまり、多分、私は、無意識の自分に引きずられている。

私の無意識の中には、不謹慎の卵が無数にあるのかもしれない。

いやいや、あるのかもしれないのではなく、あるのだ。
[PR]
by cocoroshien | 2011-04-23 17:16
<< 先を読む 頑張れ中卒者 >>