こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

やはり中高年は

やはり、中高年はストレスに弱くなった。

e0127995_21485366.jpg


間違いなく、中高年はストレス耐性がなくなった。

理由は簡単だ。

たぶん、新入社員を2回経験しなくてはいけないからだ。

1回目は10代後半から、20代前半にかけて。

2回目は還暦の頃に。

1回目は問題はない。

若いし、仕事が出来なくても、当たり前と思われるし、皆に可愛がられる。

それに比べ、2回目は大変である。

還暦を過ぎて新しいことを憶えなくてはいけない。

それも、心身共に衰えていくときにである。

なかには、経験を生かしてスムーズに離陸をしていく人もあるだろう。

しかし、そんな人は稀で、ほとんどの人は離陸に苦しむ。

離陸に失敗すと墜落ということになりかねない。

昔は、定年を終えると、ほとんどの人が悠々自適の生活に入れた。

だが今は、定年を終えても、更に働く必要がある。

しかも、若い人に、教わりながら。

ソフトランディングしたと思ったら、また離陸をしなくてはならない。

離陸をするためには、相当のストレス耐性が必要になる。

まさに、中高年にとって、これからが正念場である。
[PR]
by cocoroshien | 2011-07-10 21:47
<< お寺の裏庭 大学は出たけれど >>