こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

都合の良いときだけ神を持ち出すつもりは毛頭ない。

e0127995_2333645.jpg


ただ、彼の日記を読んでいたら3日3晩山中を彷徨っていたことが書いてあった。

あくまでも想像だが、孤独と寒さと空腹と恐怖と戦ったものと思われる。

そんな時、神様だったら上から見ていたのだから、どうにかできなかったのだろうか。

早く発見できれば病状も悪化せずに済んだのにと思う。

無神論者のくせに都合のいいように考えるな。

と言われそうだが、其処は全能の神だから大目に見て欲しい。
[PR]
by cocoroshien | 2011-12-14 23:45
<< 楽しみ 彼がいないということ >>