こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

時を

感性がパサパサに渇きすぎると悲しみを感じることが出来ないのかもしれない。

e0127995_23583977.jpg


仮に涙を貯めておく泉があるとするなら、涙が貯まっていないのだろう。

泉に潤いがないと悲しみを感じることが出来ないのだろう。

だから、君が最後にすごした場所に行ってもなんとも感じなかった。

でも、その夜反動が来ました。

君があの場所で何を思い、感じ、何をしたのかと思っているととめどなく涙が流れてきました。

多分、そのときは涙で泉は満杯になっていたのだろうね。
[PR]
by cocoroshien | 2011-12-26 00:06
<< 時を 時を求めて >>