こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

今・ここ

今、妙な感じがする。

胸騒ぎがする。

何故なのか分からない。

e0127995_12432938.jpg


そんな状態でブログを書いた。

何の関連もない地震のことと、45年前に書いたラブレターのこと。

先日、友人から「ブログ引っ越した?」とメールが来た。

「いやっ」と返事をした。

報道特集を読んでいたら、何かを書きたくなった。

で、ブログに何かを書くことにした。

書いてから思った。

何でこんなときにラブレターのこと。

不謹慎……?

……

地震が起きた後に専門家が実しやかに言っていた。

「今年は自殺者が増える」と。

結果は例年通りで3万人は超えたけどそうでもなかった。

未曾有の災害を乗り越える為に必死に生きた結果かもしれない。

必死に生きていると、死のことなんて思う暇もない。

3月は自殺予防月間。

この月に一番自殺者が多いから3月にしたらしい。

普通に考えると自殺者は年も押し迫った12月が多いような気がする。

自殺に関する特集も何回か目にした。

そこで決まって書いてあることがある。

それは「自殺のサインを見逃すな」である。

で、よくよく考えてみたのだが、『自殺のサイン』なんてあるのだろうか?

それに、それを類型化することに意味があるのだろうか?

たしかに、自殺の前に普段とは違う行動はすると思う。

それが『自殺のサイン』といえなくもない。

まあ、100歩譲って『自殺のサイン』があるとしよう。

では、そのサインを見抜けるだけの力が我々にあるのだろうか。

少なくとも、私にはない。

それは、断言できる。

それがあれば、友達を亡くすことはなかった。
[PR]
by cocoroshien | 2012-03-11 12:40
<< いちご白書 初めてのラブレター >>