こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

続・同窓会

人生は宿命論では片付けられない。

人生は想定外の連続である。

想定内のことなんて起こらない。

そう思ったほうが生きる価値もあるし、面白い。

e0127995_0333942.jpg


想定外だから、誰と何処でどう繋がるのか分からない。

B君と会ったのは同窓会の席だった。

たまたま隣同士になり会費を立て替えて頂いた。

それから20数年の歳月が流れた。

時は変り10数年前の同窓会でAさんに会った。

中学を卒業した後Aさんに手紙を出し文通の申し込みをした。

Aさんから「今文通している人がいるから」2人同時には出来ないという返事が来た。

Aさんは記憶にないといって笑った。

それから10年たった同窓会の席で再びAさんと会った。

その席で、文通していた相手がB君だったと知らされた。

いつか、3人で会ってみたいね、ということになった。

で、B君には内緒でプチ同窓会を計画した。

B君にとってはサプライズ。

喜びを前面に出さないB君も嬉しそうだった。

後でメールが来た。

「サプライズありがとう」

中学を卒業して46年。

それぞれの道は交錯した。

人生の中で一瞬の交錯だが、これからの人生を考えるうえで大きなターニングポイント。

人生に意味があるかどうか、そんなことはどうでもいい。

一瞬でもいいから、ときめきを感じて生きたい。
[PR]
by cocoroshien | 2012-10-22 00:34
<< 読書の秋 講話会 >>