こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

大晦日

明るい話題で締めくくろう。

e0127995_1105072.jpg


先日全盲の友人からメールが来た。

全盲の人からメール?

と、不信に思われるだろうが、今は全盲の人もメールができるソフトがあるのだ。

話には聞いていたが、まさか自分のところに全盲の人から来るとは思いもしなかった。

また、友人が全盲になるとは思っても見なかった。

・・・

友人に初めて会ったのは定時制高校の時。

私が3年の時入学してきた。

私は4年遅れて高校に入学したが、彼は6年遅れて入ってきた。

学年は違っていたが生徒会活動を一緒にするようになって話をするようになった。

彼の真摯で誠実な生き方に随分教えられた。

学歴はなかったが、洋画家としてプロの腕前を持っていた。

また、系統立った知識はなかったが、宗教、文学、哲学に雑多な知識を持っていた。

絵を書いていないときは、読書をしているという具合で、とにかく本が好きだった。

そんな彼から、視力が低下していると聞いたのは数年前。

愛知県岡崎市での個展が終わって展示会を後にするときだった。

夕暮れどき、彼の手を引いて駅まで連れて行った。

その時、いつか、完全に視力がなくなるかもしれないと彼は言た。

それが、現実のものになろうとは思いもしなかった。

・・・

電話の向こうから「完全に失明したよ」と笑い声がした。

その言葉を聞いてホロリと来た。

彼はいつもそうだった。

どんなに困難な場面に立たされても、屈託なく笑っていた。

大好きな絵もかけないし、本も読むことができない。

さぞかし落ち込んでいるだろうと思っていたらそうでもなかった。

既に次のステージに向かって準備をしていると快活に語った。

それを聞いたとき、この人は本当にすごいと思った。

『失明』は最大最高の災難だと思う。

しかし、彼は災難だとは思っていないようだ。

「人生の転換期だ」

「第二の人生の始まりだ」

「初心にかえって誠実に生きるよ」と言った。

通常、友人の失明なんて暗い話題である。

しかし、友人の言葉を聞いていると、今年一番の明るい話題だと思った。

文章を書くのに慣れてきたら、本でも書くよと言った。

彼のことだからきっと実現すると思う。

今から、楽しみである。
[PR]
by cocoroshien | 2012-12-31 00:17
<< 初 青竹 >>