こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

自然の詞 9 感謝

愚かな人とは自分に示された他人の親切に感謝できない人である。

e0127995_1472545.jpg


「一方賢い人とは常に感謝の気持ちを持ち、、直接自分に親切にしてくれた人だけではなく、

すべての人に対して思いやりを持つことによって、感謝の気持ちを表そうとする人である」

能力があるかないかで人を判断する人がいる。

そんな人は往々にして視野が狭い。

能力だけで判断するから、長所が見えない。

すると、その人は短所ばかり目につくものだから、人を感謝することを知らない。

逆に、人を批判するばかりである。

話していると悪口や批判ばかりする。

話していてウンザリする。

そんな人に限って能力が高い。

能力は高いけど、賢い人ではない。

なぜなら、感謝することを知らないからである。

能力はどうでもいいから、先ずは人に感謝することが大事である。

人に感謝するためには、能力だけで人を判断しないこと。

そして、本を読むことである。人に会うことである。

そうすれば、視野は広がり感謝の気持ちが起こってくるだろう。

それに、何より、人生が楽しくなる。
[PR]
by cocoroshien | 2013-02-09 02:04
<< 自然の詞 10 うつり変わり 自然の詞 8 教え >>