こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

自然の詞 12 ささえあって

花は咲く縁が集まって咲き、葉は散る縁が集まって散る。

                  ひとり咲き、ひとり散るのではない。


e0127995_23142295.jpg


すこし元気のない同僚にお土産を買ってきた。

夕食を食べ終わった頃メールが来た。

「私ごときに買ってきていただきありがとう・・・」

自虐的な言葉が並んでいた。

「お土産って、お腹も心もふっくらなるからね」

「今の、あなたに一番必要だから」とキザな返信をした。

・・・・・

人の心はあるときは速く、あるときは遅く、ピストン運動をしている。

オイルが綺麗な時はスムーズに動くが、汚くなるとぎこちなくなる。

ぎこちないときは、些細なトラブルで動かなくなってしまう。

それを無理やり動かそうとするとエンストしてしまう。

こんなときはひと休みして、誰かに押してもらうに限る。

元気を取り戻してから、オイルを綺麗にして動けばいいのだ。

・・・・・

同僚はとても頭がよくて能力の高い人。

私は随分教えていただき、助けられた。

今度は私の番である。

自虐的な言葉やため息が出ないように、ふっくらにしてあげたいと思う。

人はささえあって生きている。

ささえあっているから、生きていける。

ささえあっていることに感謝しよう!
[PR]
by cocoroshien | 2013-02-12 23:43
<< 自然の詞 13 無常 自然の詞 11 縁によって >>