こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

3本目の矢

アベノミクスの経済政策の3弾目。

成長戦略の中核は女性の活躍!

何をいまさら、と思う。

e0127995_22173377.jpg


世相を見ていると、すでにそうなりつつあるではないか。

就職の斡旋と紹介をしていると、それがよくわかる。

都会と田舎の違いはあるだろうが、女性の進出、活躍は目覚しいものがある。

地方は、女性に向いている仕事が増えている。

介護、看護、販売、接客、サービスなどなど。

反対に、男性向きの仕事は減っている。

製造、建築、土木などなど。

世相が「男性不況」というのも納得。

・・・

私は15歳から55歳までおおよそ40年間男性社会の中で過ごしてきた。

55歳から62歳まで7年間女性社会の中で過ごしている。

どちらが、良いかって?

分かりきったこと聞きなさんな!

後者が良いに決まってますよ。

この7年間たくさんの人に出会った。

もしかすると、40年間に出会った人より多いかもしれない。

しかも、8割は女性である。

今の職場も女性が多い。

とても、居心地が良い。

一緒に仕事するのが楽しい。

大げさかもしれないが、初めて水を得た魚って感じ。

せからしい部分もあるにはあるが、全然気にならない。

あと何年仕事ができるかわからないが、はっきりしていることがある。

それは、女性と一緒に仕事がしたいと思っていること。

なぜなら、女性が魅力的に感じるから。

女性に対してこんな風に思っているから「女性の活躍」なんて言われると、

「何をいまさら」って言いたくなる。

どこに目をつけて、世相を眺めているのですかって!!!
[PR]
by cocoroshien | 2013-07-06 22:49
<< 独立記念日 池上線 >>