こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

老人ホーム

傾聴ボランティアで老人ホームを訪れた。

e0127995_0531184.jpg

特に緊張はしなかった。

自然に振舞うことだけを考えた。

技巧に走らないことだけを考えた。

傾聴の相手は80代の小母ちゃんだった。

感情が豊かで、話好きで、話し出すと止まらなくなった。

傾聴のテクニックなど不要だった。


ただ、頷いて、相槌を打つだけでよかった。
[PR]
by cocoroshien | 2008-06-16 01:04
<< 生い立ちの記 幼稚なテロリストと軟弱な壁 >>