こころ支援研究所からの*笑顔ブログ*

炭窯

小さい頃祖父ちゃんは炭を焼いていた。
窯の中は真っ赤な炎が踊っていた。

狐狸庵に行った時、すぐ近くに炭窯があった。
懐かしかった。

e0127995_2357766.jpg


祖父ちゃんの炭窯は家から歩いて5分のところにあった。
今は道も広くなって車も行けるようになっている。

当時はリヤカーが通るのがやっとだった。
途中竹林があって、昼間でも薄暗く気味が悪かった。

竹林を過ぎるとパッと明るくなり、右手に祖父ちゃんの窯が見えた。
冬になるといつも祖父ちゃんはそこにいた。

窯出しの日は楽しみだった。
炭を出した後の残り火で焼き芋を作ってくれた。

窯の横に小さな穴を掘り、そこに生芋を入れ上から炭をかぶせた。
口の回りを黒くして、フーフー言いながら焼き芋を食べた。

祖父ちゃんは小学1年生になったときに亡くなった。
朝、誰かに「祖父ちゃんが死んだぞ」と言って起こされた。

棺おけの中に祖父ちゃんは座っていた。
棺おけを担いだ行列は竹林を過ぎ、炭窯の横を通った。

子ども心に思った。
「祖父ちゃんの炭窯だ」と。

亡くなった後も炭窯は残っていた。
空洞になった窯の中で遊んだ。

梅雨時は暗くてジメジメしていたので、ゲジゲジや蜘蛛がいた。
今、思うとぞっとするが、当時は平気で遊んでいた。

今は跡形もない。
跡形はないけど、頭の中に残っている。

祖父ちゃんは今も、

炭窯の横で丸太にすわりタバコをくわえている。
いかにも美味そうにくゆらせている。
[PR]
by cocoroshien | 2008-07-23 00:59
<< 決壊 狐狸庵 >>